台北旅行フェア開幕  各業者が格安商品販売  成約額100億円見込む/台湾

写真拡大

(台北 4日 中央社)台湾最大規模の旅行見本市「2016台北国際旅行フェア」(台北国際旅展)が4日、台北市内で開幕した。世界60の国・地域の旅行業者や団体が計1450ブースを出展。日本からは参加国・地域中最多の137ブースが出展される。主催の台湾観光協会によると、今年は35万人の来場を見込み、会場での成約額は30億台湾元(約98億3100万円)に達すると予想されている。

会場では各業者が旅行商品や宿泊券、食事券などを格安価格で販売。宿泊券の割引率は最大79%オフに達する。

日本からの出展者は日本航空、全日空、JR東日本、JTBグループ、千葉県、鹿児島県など。メインステージでは、愛知県知多半島のPRキャラクター、知多娘。や栃木県のご当地アイドル、とちおとめ25などがパフォーマンスを披露する。

会期は7日まで。

(江明晏/編集:名切千絵)