『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』

写真拡大

新しいドラマが10月から始まったことにより、ランキングの顔ぶれも大きく変化したけれど、話題作を見逃してしまったという人もいるのではないのではないだろうか。そこで、10月のHulu月間ランキングから紹介! 見逃し配信を駆使すれば、今からでも話題についていけるはずだ。

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉がサプライズで登場

今回トップに輝いたのは、ドラマ開始以降、週間ランキングでも1位をキープし続けている『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』。地上波の視聴率も毎回11%越えで絶好調だ。

なかでも、大きな注目を集めているのが主人公の河野悦子を演じている石原さとみのファッション。インスタグラムの公式アカウントもフォロワーが15万人を超える盛り上がりをみせており、見逃し配信としてだけでなく、お気に入りのファッションを見直している視聴者の影響も、閲覧数アップに貢献しているのかもしれない。

2位には、ランキング内唯一の海外ドラマとなった『ウォーキング・デッド』。待望のシリーズ7も開始したばかりで話題沸騰中のドラマだけに、しばらくはランキング上位を賑わせることは間違いなさそうだ。現在、最もトップに近い海外ドラマであるだけに、久々に国内ドラマを抜いて海外ドラマが頂点に躍り出ることができるのか、来月に期待したい。

そして、『デスノート NEW GENERATION』が3位にランクイン。劇場最新作『デスノート Light up the NEW world』が大ヒットアニメ『君の名は。』のV10を阻止して、週末の動員ランキングで初登場1位となったことからも、このシリーズの人気度の高さがわかる。1位の『地味すご』にも出演している菅田将暉がサイバーテロリスト・紫苑役で出演しているのも話題だ。

その他、ランキングに毎回名前を連ねているのは、『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』や『マツコ会議』といった国内のバラエティ。いずれも深夜番組であることから、「時間帯が遅くてリアルタイムでは見られない番組は、好きな時間に見逃し配信で見る」という構図が当たり前になりつつあるのかもしれない。つい新ドラマにばかり目が行ってしまいがちだが、バラエティの根強い人気もあなどれない。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 10月の月間ランキング/TVシリーズ総合】
1位『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』
2位『ウォーキング・デッド』
3位『デスノート NEW GENERATION』
4位『THE LAST COP/ラストコップ』
5位『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』
6位『レンタル救世主』
7位『マツコ会議』
8位『ゲーム・オブ・スローンズ』
9位『3月のライオン』
10位『有吉反省会』