「お笑いライブin成田2016」への意気込みを語ってくれたナイツの塙宣之、土屋伸之(写真左から)

写真拡大

「爆笑お笑いライブin成田2016」が12月3日(土)に行われる。本ライブにはドランクドラゴン、ナイツ、東京03、ニッチェ、インスタントジョンソン、ブラックパイナーSOS、アナクロニスティックの7組が出演。

【写真を見る】12月3日(土)に開催される「爆笑お笑いライブin成田2016」。総勢7組のお笑いグループが出演!

ナイツを直撃し、成田でのライブに対する意気込みや、ライブを主催するチバテレ(千葉テレビ)で放送している冠番組について語ってもらった。

――「爆笑お笑いライブin成田」で披露するネタはもう決まっていますか?

塙宣之:僕らは時事ネタをやってるので、いつもやってるネタも入れつつ最新の時事ネタを…ということで何が起きるか分かりませんから、まだ決まってないですね。(今なら)ボブディランですかね。あとは、道路の側溝の盗撮のこととか…。

土屋伸之:古いネタですね(笑)。「生まれ変わったら道になりたい」っていうやつですよね。

塙:そういうやつですね(笑)。

――(笑)。成田でやるということで、何かご当地ネタはいれたりしますか?

塙:ないですないです。

土屋:さっきのよりそっちの方が入れた方がいいんじゃないの(笑)。

塙:そうですね、そしたら「成田をヤホーで調べてみました」みたいなのやるかもです(笑)。あと、あえて飛行機で行ってもいいかも。「きょうは飛行機で来ました〜」って。

土屋:成田ならではのつかみですね(笑)。

――成田でのライブですが、楽しみにしてることはありますか?

塙:うーん…風景ですかね、成田の町並み。食べ物って言おうとしたんですけど思い付かなかった(笑)。

土屋:何があるんですかね、成田って。

――うなぎが有名らしいですよ。

塙:そうなんですか!? じゃあディレクターさんにお願いしようかな。

土屋:いいですね。本当にこのライブシリーズはご当地のおいしいものが食べられるからいつも楽しみなんです。

――東京03やドランクドラゴン、アナクロニスティックなど今回のライブで楽しみにしてる共演者はいらっしゃいますか?

塙:いつものメンバーなので(笑)。でも会場に車で行く人、電車で行く人がいて、車で行く時とかは家が近い人は送ったりするので、仲良くなれるんですよね。そういう楽しみはありますね。アナクロニスティックとか、向こうからしたら嫌かもしれないけど(笑)。ずっとお笑いの話をしてるからつらいかも、“ドラハラ”(=ドライブハラスメント)みたいな(笑)?

土屋:僕も多分車で行くので、家が近いアナクロニスティックを…。

塙:アナクロニスティックの取り合いですね(笑)。

――今回のライブは、千葉テレビが協力してるということですが、「ナイツのHIT商品会議室」について教えていただけますか?

塙:ああ、「ナイツのHIT商品会議室」っていうグレーゾーンの番組…。

土屋:グレーゾーンではないです(笑)。いろんな企業さんを紹介する番組です。

塙:いろんな企業のプロデュースをさせてもらってるんですけど、僕らにとってプラスしかない番組ですね。

――番組で大変なことはありますか?

塙: こっちに丸投げみたいなことはやっぱり…大変ですね。ある程度できてる方がいいですね、たまに全部考えてくれって言う時があって(笑)。

土屋:「名前を考えてください」とか「新メニューをもう1品」とかであればいいんですけど、たまに販促方法とか(笑)。

塙:この番組に出てることが販促になると思うんですけどね(笑)。

――ヒットしなかったらとか心配になることはありますか?

塙:今まで携わった企業がその後どうなったのか、気になってしょうがないですよ(笑)。寝られない時もあります。

土屋:責任感持ってやってますからね。

塙:一人残らず幸せになってほしい…。

――この番組で培ったものがネタに生かされてることもありますか?

塙:とっさの発想力が鍛えられましたね。緩い番組なので、スタッフが何も考えてなくて…(笑)。3週4週やることが同じだったりすることもあるんです。それで、「これこの間もやりましたよね?」って言うと、「じゃあゲームでもしましょうか」ってゲームを一緒に考えたりするんです、空き時間に。

土屋:ひどいですね(笑)。いまだにストップウオッチで10秒計るゲームしたりしてますよ。

塙:中学生の時にやってたような発想でできるので、そういうところは意外と面白いと思います。あと、すごい愛情を持ってやってくれているスタッフがいて、一人だけなんですけど(笑)。その人の地元が成田だからライブに来てくれるんじゃないですかね。北海道の僕らの独演会にもわざわざ来てくれるので。

――スタッフさんとのチームワークも完璧なんですね。

塙:その人だけです(笑)。

――では最後に、ライブに向けて一言お願いします!

塙:ええ、そうですね…世界の窓…。

土屋:窓?

塙:いえ、世界の玄関で待っております。

土屋:日本の玄関ね。

塙:あ、日本の玄関で待っております。これから世界へ羽ばたいていく、芸人を応援よろしくお願いします。

土屋:羽ばたくの?

塙:2020年に向けて(笑)。

土屋:そうですね(笑)。えっと、僕は…成田に行くの楽しみにしております。夢がかなったというか…(笑)、ついに実現する成田でのライブ。全身全霊を懸けてやらせていただきます。よろしくお願いします。