ジビエの中でも「シカ肉」がくる?でも美味しいの?

写真拡大

 今、多国籍料理やさまざまな国の料理、そしてスーパーフードやローフードなどがブームですが、なかでも「ジビエ料理」にハマる女性が増えているのだとか。

「ジビエ」とはフランス語で「狩猟で得た天然の肉」のことで、かつてはフランスの貴族の中でも上の階層しか口にすることのできなかったもの。

 ジビエ料理の肉に使われるのが、シカやイノシシ、ウサギの他、カモ、キジ、ハト、ヤマシギなどの鳥類も。ちょっと耳慣れない野生動物の名が連なり、「えっ、ウサギ食べちゃうの?」と悲しむ女性もいるかもしれません。

 そんな中、とくに人気なのがシカ肉で、日本国内での飲食店でもシカ肉料理を提供し、人気をよんでいるお店が増えています。

 特にシカ肉は豚肉と比べて8倍ものカルチニンを含むことから、脂肪燃焼肉として注目されています。低脂肪で高たんぱくなのもダイエットニーズに適っているのだとか。

 でもこのシカ肉、「美味しいのか?」と尋ねられると「独特の臭いが気になる」という人も多いんです。でもしっかり血抜きのされたシカ肉なら、アッサリした牛肉のような味を楽しめるそうですよ。

 次の女子会では、ぜひシカ肉料理にチャレンジしてみませんか?