初日の課題を見事修正、池田勇太が貫禄のゴルフで首位Tに浮上(撮影:標英俊)

写真拡大

<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目◇4日◇総武CC 総武コース(7,214ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー『HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP』2日目、初日3アンダー6位タイにつけた池田勇太が“65”のラウンドで首位浮上。初日終了後はドライバーショットを課題に挙げていたが、「しっかりと修正できていた。フェアウェイから2打目を打てるからピンに絡めていけましたね」と手ごたえを口にした。
賞金王レースが熱い!国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 
 INスタートのこの日は前半で3つスコアを伸ばしてトーナメントリーダーに躍り出た池田。折り返しての1番で唯一のボギーを叩くが、続く2番で101ヤードの2打目を“OK圏内”にビタリとつけて取り返すと終盤の6番、8番でバーディ奪取。6バーディ・1ボギーの安定したスコアで貫禄を見せた。
 初日からのドライバーの修正ポイントは“力感”。「気合が入って全体的に力が入ってしまうとイマイチ…。振っているときの力感に注意してプレーできている」。今大会からは優勝賞金4000万円の高額大会続きとなるだけに、賞金ランク首位を守るためには結果を出し続けることが必須。大会前には調子の良さを口にしていただけに、初日前半は“気合が空回りした”が、しっかりと修正してきた。
 「明日も今日と一緒で気楽な良いゴルフをするのが一番」と決勝ラウンドへの抱負を語った池田。賞金王レース最大のライバル・谷原秀人も同スコアの首位タイ。3日目はともに最終組だけにさらなる気合が入るのは必至だが、2日目のようなプレーを貫いて、今季3勝目に王手をかけられるか!?
<ゴルフ情報ALBA.Net>