ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン共演!『ラ・ラ・ランド』 Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

写真拡大

数々の賞レースを賑わせ、そのラストの衝撃にミニシアターながら大ヒットを記録した『セッション』(14)のデイミアン・チャゼル監督の最新作『ラ・ラ・ランド』が、2017年2月24日に日本公開となることが決定した。

物語の舞台は、夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから何かが狂い始める――。

すでにトロント国際映画祭で最高賞である観客賞を受賞し、早くもアカデミー賞の大本命と注目される本作。監督は28歳にして『セッション』で数々の賞レースを賑わせ、世界中を虜にした新進気鋭のデイミアン・チャゼル。ジャズピアニストのセバスチャンには『きみに読む物語』や『ドライヴ』などで知られるライアン・ゴズリング、ミア役には『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞を始め数多くの賞にノミネートされたエマ・ストーンなど超豪華キャストが集結した。

■『ラ・ラ・ランド』
2017年2月24日(金) TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー
(c) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.【ハリウッドニュース編集部】