4日、来日中のミャンマー・アウンサンスーチー国家最高顧問は日本記者クラブで会見し、中国との関係について「極めて良好であり、もっと良くなってほしい」と言明。日本を含めた多くの国々とも特別の関係を保っている」と強調した。

写真拡大

2016年11月4日、来日中のミャンマー・アウンサンスーチー国家最高顧問(外相・大統領府大臣)は日本記者クラブで会見し、中国との関係について「極めて良好であり、もっと良くなってほしい」と言明した。このほか「インド、東南アジアなど隣接する国々と良い関係を維持している。宗主国の英国や米国との関係も同様で、日本を含めた多くの国々とも特別の関係を保っている」と強調した。

またミャンマーが直面する問題点について、長年にわたる軍事政権下で、若い世代の教育が十分でなかったことを指摘、「若者の人材育成が急務である」と強調した。特に日本に対し教育面での支援を求めた。

さらにスーチー最高顧問は「まず少数民族などとの和平の実現が必要であり、憲法の改正にも取り組みたい。すべての国民が信じてくれれば民主的な憲法づくりが可能になる」と軍事色の強い憲法の改正に強い意欲を示した。(八牧浩行)