写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京大学(東大)創薬機構は11月4日、田辺三菱製薬の大規模寄託化合物ライブラリサンプルを提供開始したと発表した。

同機構は今回、田辺三菱製薬より約5万種の独自化合物サンプルの寄託を受け、それらの化合物サンプルを同機構が管理する化合物ライブラリに新たに加えた。同化合物ライブラリの利用には、同機構まで問い合わせが必要。

同機構は、「創薬研究のスタート時点から『産』と『学』が連携することで、発見した創薬シーズを製薬企業に橋渡しできる可能性が高まり、アカデミアの基礎研究成果の社会還元が一層効率化する」と説明している。

(周藤瞳美)