ソンフン、新ドラマ「じれったいロマンス」に出演確定…気難しくも甘い魅力で女性を虜に

写真拡大

ソンフンと共に母胎ソロ(生まれて1度も交際経験のない人) の心も熱く焦がしてしまう本格ハートアタックロマンスがやってくる。

俳優ソンフンがドラマ「じれったいロマンス」(脚本:キム・ハナ、キム・ヨンユン、演出カン・チョルウ) の男性主人公チャ・ジヌク役にキャスティングされ、気難しくも甘い魅力で視聴者のトキメキ指数を思いっきり高める予定だ。

「じれったいロマンス」は、一夜だけ会ったふてぶてしくも突拍子のないチャ・ジヌク(ソンフン) と、母胎ソロまな板絶壁女イ・ユミが3年後に偶然再会し、ハラハラの恋の予感と駆け引きの過程を描いたロマンチックコメディで、男女主人公が相互の真心に向かって勇気を求めていく過程を映す。「2015年韓国コンテンツ振興院優秀クリエイター発掘支援事業」の選定作で、作品性および完成度を認められ、さらに期待を集めている。

劇中、ソンフンが扮するチャ・ジヌクは財閥2世で、軽い1回のみの恋愛を追求するが、女性主人公との出会いにより次第に変わっていく人物だ。ソンフンはハンサムな容貌と優れたボディを所有する気難しいキャラクター、チャ・ジヌクに変身し、時には女性より野良猫を可愛がる変わり者の一面まで見せ、風変わりな魅力を公開する予定だ。実際水泳選手だったソンフンは、しっかりした体つきと和むマスクまで、役割にもっと忠実に作品に活力を吹き込む計画だ。

ソンフンは去年ウェブドラマ「高潔な君」で色気の王者CEOガンフン役を演じ、漫画から出てきたような完璧なシンクロ率と演技で好評を受けた。今年のはじめにはKBS 2TV「ドキドキ再婚ロマンス 子どもが5人!?」でプロゴルファーキム・サンミン役で、愛する女性に向かった猪突的なサランクン(恋人に夢中な人の意味) で、一層大衆的な認知度と人気を高めることに成功した。特に劇中、各相手女優だったRAINBOWのジェギョンとシン・ヘソンと、コミカルながらも甘いロマンスを見事に繰り広げたソンフンが、「じれったいロマンス」でどんな姿で恋愛談を見せるのか関心を誘う。

またtvN「私の耳にキャンディ」に出演し、プノンとの秘密の通話を通じて緊張感とトキメキを見せ、率直な姿で話題を集めた。このようにソンフンは、既存の作品で証明した幅広い演技力とキャラクターを活かし、「じれったいロマンス」の恋の予感と駆け引きの間を行き来する魅力的な男性の役を見事にやり遂げると期待される。

ソンフンは「いつまでも気難しく悪い男でない可愛い一面まで、多様な姿をしっかり表現しようと努力している。視聴者の方々をときめかせようと思うと僕の心がドキドキする。多大な関心と期待をお願いしたい」と作品に臨む覚悟を明らかにした。

ソンフンは先日事前制作ドラマ「アイドルマスター.KR」の男性主人公にも抜擢され、天才プロデューサーに変身し新鮮な演技を見せる予定だ。そして「じれったいロマンス」まで主演を確定させ、今年の下半期をはじめ2017年上半期まで続く彼の活躍が注目される。