北朝鮮庶民生活の“演出”暴いたドキュメンタリー

写真拡大

北朝鮮政府が演出した“庶民の日常生活”の裏側を、ロシアの撮影スタッフが危険を冒して暴き、政府の強力な圧力と非難を押しのけ世界各国で上映され高く評価された話題作「太陽の下で-真実の北朝鮮-」。その予告編(https://www.youtube.com/watch?v=yfwHoFvjJHQ)が、このたび解禁となった。

8歳のジンミは、模範労働者の両親とともに平壌で暮らしている。ジンミは金日成の生誕記念「太陽節」で披露する舞踊の練習に余念がない。エリートの娘を持った両親は仕事仲間から祝福を浴び、まさに “理想の家族”の姿がそこにはあった。ところがドキュメンタリーの撮影とは名ばかりで、“北朝鮮側の監督”のOKが出るまで一家は繰り返し演技させられ、高級な住まいも、親の職業も、クラスメイトとの会話も、すべて北朝鮮が理想の家族のイメージを作り上げるために仕組んだシナリオだった。そこでスタッフは、撮影の目的を“真実を暴く”ことに切りかえ、録画スイッチを入れたままの撮影カメラを放置し、隠し撮りを敢行するが…。

このたび解禁された予告編は、ドキュメンタリー映画でありながら“アクション”の声から始まる。台本をチェックしたり、セリフを変えてみたり、演出の説明があったりと、少女ジンミと両親が偽りの日常生活を演じさせられる様子がまざまざと映し出され、これまでに見たことが無かった“偽りの北朝鮮の真実の姿”を垣間見ることが出来る。

個人の自由が認められない北朝鮮において、“庶民の日常生活”とは一体どのようなものなのだろうか。モスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長も務めるヴィタリー・マンスキー監督は、誰もが知りたい疑問を、誰もが見えるかたちで描きたいと考えていた。北朝鮮政府から撮影許可を得るまで2年間、平壌の一般家庭の密着撮影に1年間。その間、台本は当局によって逐一修正され、撮影したフィルムはすぐさま検閲を受けることを強いられたが、検閲を受ける前にフィルムを外部に持ち出すという危険を冒して本作を完成させた。

北朝鮮からの要請でロシア政府は、ヴィタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表。にも関わらず韓国、アメリカ、ドイツ、イタリアをはじめ20都市以上で上映された問題作がついに日本で公開される。

「太陽の下で-真実の北朝鮮-」は2017年1月21日、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー。