「排出されるのは水だけ」世界初、水素だけで走る電車がドイツでお披露目される

写真拡大

水素だけで走る夢のような電車がドイツでお披露目され、話題となっている。

環境にやさしい世界初の試み

その電車の名前は「Coradia iLint」。フランスのAlstom社が開発した水素だけを燃料とする列車で、世界初の試みだという。

その電車にはリチウム・イオン・バッテリーが多く搭載され、屋根のタンクにある水素燃料を酸素とともに燃焼させ、莫大なエネルギーを生み出しながら走行するそうだ。

そのため排出されるのは水蒸気のみ。しかも走行中に聞こえてくるのは車輪や車体の空気抵抗の音だけで、非常に静かだとされている。

Alstom

Alstom

走行距離800km、時速140km

予定されている走行距離は約800km。スピードも時速140kmまで出るため、長距離の大量輸送手段として期待されているとか。

しかしまだ試験段階で、2017年12月の開通まではテスト走行などが実施されていくそうだ。

Alstom

Alstom

他の国々も関心を示している

購入したドイツのニーダーザクセン州は、この電車をすでに14両も発注しており、テストがうまくいけば、ゆくゆくは国内にある4000両のディーゼル機関車と置き換えられていくとみられている。

また、これは火力発電所からの二酸化炭素も一切排出しない完全な「ゼロ・エミッション」車両のため、オランダやデンマーク、ノルウェーなども関心を示しているそうだ。

Alstom

Alstom

Alstom社のCEO、Henri Poupart-Lafarge氏は声明の中で次のように語っている。

「クリーンな輸送分野における画期的なイノベーションを立ち上げられたことを、私たちは誇りに思います。また、このことは顧客との協力により、たった2年で車両の開発が成し遂げられたことを示しています」

車だけでなく、ついに電車まで水素で動くようになるとは、これは世界が確実に変化していることを示す出来事と言えるかもしれない。