SUPER JUNIOR イトゥク、バラエティ番組「運勢レース」の撮影エピソードを明かす“一睡も寝ないで撮影現場に行った”

写真拡大

SUPER JUNIORのイトゥクが、野外バラエティに初めて出演した所感を明らかにした。

4日午後、ソウル城東(ソンドン) 区CUBEエンターテインメント内のカフェにて、ケーブルチャンネルComedy TVバラエティ「運勢レース」の制作発表会が開かれた。

初めての撮影をした後、大変だったので辞退したかったというイトゥクは「僕はやり遂げることができないだろうという気がして、一睡も寝ないで撮影現場に行った」と口を開いた。

続いてイトゥクは、「スタジオでのバラエティに慣れているが、外に出て行く瞬間、このようなものが壊れるのではないか。エネルギーの消耗がすごくて、僕には合わないと考えた。そうするうちにルールに慣れてから、サンミン兄さんやドンミン兄さんから電話をもらった時にできないと話したが、兄さんなりに計画を立てていた」と適応過程を説明した。