f(x)、初の日本単独ツアーのアンコール公演を盛況裏に終了…新曲のステージを初披露

写真拡大 (全3枚)

f(x) が横浜で日本初の単独コンサートツアーのアンコール公演を成功裏に終えた。

f(x) は2日と3日に横浜アリーナで日本ツアー「f(x) the 1st concert DIMENSION 4 - Docking Station in JAPAN」アンコール公演を開催し、計1万8千人の観客と出会った。f(x) だけの独特な音楽世界と華やかなステージが調和したファンタスティックな公演で日本のファンを魅了し、横浜の夜を紫色に染めた。

今回のアンコール公演は日本のファンの大声援に支えられ開催されたもので、f(x) は2月に東京公演を皮切りに名古屋、大阪、福岡など4都市で計6回に渡って行われた日本ツアーコンサートのチケットが完売される成果を上げ、もう1度高い人気を証明した。

また、f(x) は今回のコンサートで4thフルアルバムのタイトル曲「4 Walls」の日本語バージョンのステージをはじめ、「Electric Shock」「Red Light」「NU ABO」など多数のヒット曲のステージと共にSMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル「STATION」の24番目の楽曲で人気を博したアップテンポのEDM曲「All Mine」など全36曲を披露し、大反響を呼んだ。

f(x) は、2日に発売された日本初のオリジナルシングル「4 Walls / COWBOY」に収録された日本オリジナル新曲「COWBOY」を初めて公開し、大反響を呼んだことに続き、横浜公演を最後に東京、名古屋、大阪、福岡、横浜など日本の5都市で計8回に渡って開催された初の日本ツアーを盛況裏に終えた。