アンジェリーナが単独親権を要求し、子供たちにも影響が出ている/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

単独親権を条件にブラッド・ピットとの離婚を申請したアンジェリーナ・ジョリーだが、なかなか思うようにはいかないようだ。

【写真を見る】ブラッドとの生活を希望したという娘シャイロ/写真:SPLASH/アフロ

6人いる子供のうち、思春期の長男マドックスとブラッドが、プライベート・ジェット機内でケンカ。ブラッドはマドックスに暴言を吐いた疑惑が浮上しているうえに、他の子供たちへの虐待容疑でも取り調べを受けているという。

しかし「養子の次男パックス、実子の次女シャイロは、最近アンジェリーナに、ブラッドと一緒に住みたいと申し出たそうです。パックスとシャイロはとても仲が良く、またブラッドといるほうがより快適で、感情面でも強い思いがあるようです」

「15歳のマドックス以外、パックスとシャイロには、年齢的にも親を選ぶ権利はありませんが、子供たちの意思を無視してアンジェリーナが単独親権を要求し続ければ、『子供たちの健康を考えて離婚を申請した』という彼女の主張は通らなくなります」

「アンジェリーナは、思うようにいかないストレスから、食事が喉を通らず、ますます激ヤセしてしまっているようです」と関係者がOK!誌に語っており、9月19日に子供たちを巻き込んで始まった離婚劇は、なかなか思うように終わりを迎えることができないようだ。【NY在住/JUNKO】