アンジェリーナはブラッドとの離婚問題でストレスがたまっているという/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

以前から激ヤセを報じられていたアンジェリーナ・ジョリーが、ブラッド・ピットとの離婚問題による心労で、いよいよ摂食障害になり、体重が77ポンド(約35キロ)まで落ちているとナショナル・エンクワイラー紙は伝えている。

【写真を見る】イベントに登場し、激ヤセが心配されていたアンジェリーナ/写真:SPLASH/アフロ

同紙に関係者が話したところによると、アンジェリーナは子供たちの親権問題でストレスがたまっており、食事も喉を通らなくなっているという。「彼女は以前からあまり食事ができないという問題を抱えていました。しかし、いまはもう食べ物が飲みこめないという状態にまでなっています」と関係者は明かしたようだ。

危険なほど痩せてしまったアンジェリーナは、だぶついた大きめの服を着ることで、体を人に見せないようにしているそうで、「腕が骨だけのような状態になっていて、棒のようです。異常なほど痩せてしまった体を隠すために、ゆったりした洋服を着ています」と関係者が話している。

一方、ブラッドも健康面で問題を抱えていると報道されており、早朝、ビバリーヒルズにある感染症の専門医を訪ねている姿が目撃された。Radar Onlineによれば、ブラッドは病院が開く前から外で待っていたそうで、体調が心配されている。【UK在住/MIKAKO】