日本代表は11日にオマーン、15日にサウジアラビアと対戦する

写真拡大

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は4日、都内のJFAハウスで記者会見を行い、11日のキリンチャレンジ杯・オマーン戦(カシマ)、15日のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(埼玉)に臨む日本代表メンバー25人を発表した。

 リオデジャネイロ五輪代表のMF井手口陽介(G大阪)が日本代表初選出。FW久保裕也(ヤングボーイズ)は12年2月24日のアイスランド戦以来、約4年8か月ぶりのA代表招集となった。FW大迫勇也(ケルン)は昨年6月以来、約1年半ぶりの代表復帰。MF小林祐希(ヘーレンフェーン)も6月のキリン杯以来の復帰を果たした。

 一方、10月の代表戦からは負傷離脱中のFW小林悠(川崎F)、MF大島僚太(川崎F)のほか、FW宇佐美貴史(アウクスブルク)、MF柏木陽介(浦和)、DF太田宏介(フィテッセ)が招集を見送られている。

 W杯アジア最終予選のB組は第4節終了時点でサウジアラビアが3勝1分の勝ち点10で首位。2勝2分で勝ち点8のオーストラリアが2位に付け、日本は2勝1分1敗の勝ち点7で3位となっている。最終予選の前半戦ラストゲームとなるサウジ戦は、勝てば一気に上位との差を詰められるが、負ければW杯出場権獲得となる2位以内確保が遠のく可能性もある大一番だ。

以下、日本代表メンバー

▽GK

西川周作(浦和)

川島永嗣(メス)

東口順昭(G大阪)

▽DF

酒井宏樹(マルセイユ)

酒井高徳(ハンブルガーSV)

長友佑都(インテル)

槙野智章(浦和)

吉田麻也(サウサンプトン)

森重真人(FC東京)

丸山祐市(FC東京)

植田直通(鹿島)

▽MF

長谷部誠(フランクフルト)

山口蛍(C大阪)

井手口陽介(G大阪)

永木亮太(鹿島)

香川真司(ドルトムント)

清武弘嗣(セビージャ)

小林祐希(ヘーレンフェーン)

▽FW

本田圭佑(ミラン)

浅野拓磨(シュツットガルト)

原口元気(ヘルタ・ベルリン)

齋藤学(横浜FM)

大迫勇也(ケルン)

岡崎慎司(レスター・シティ)

久保裕也(ヤングボーイズ)

▼過去のメンバーリスト

16/9/29イラク戦、オーストラリア戦メンバー

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧