11月の2連戦に向けた日本代表メンバー25名が発表された。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

 ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア戦に向けた日本代表の招集メンバーが11月4日、都内のJFAハウスで発表された。日本代表は11月11日にオマーンと親善試合を行なったのち、同15日にホームでサウジアラビアと対戦する。

 25名の招集メンバーには、本田圭佑、香川真司ら欧州組が15名、森重真人、山口蛍ら国内組が10名選出された。このうち、G大阪の井手口陽介が代表初招集となった。小林祐希、大迫勇也、久保裕也が復帰した。

 また、常連組では宇佐美貴史と柏木陽介が今回は招集外となっている。

 アジア最終予選に向けた日本代表メンバー25名は以下のとおり。

【写真】オマーン戦、サウジ戦に向けた日本代表25人
 
GK
西川周作(浦和レッズ)
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
 
DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
森重真人(FC東京)
丸山祐市(FC東京)
植田直通(鹿島アントラーズ)
 
MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口 蛍(セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
永木亮太(鹿島アントラーズ)
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
清武弘嗣(セビージャ/スペイン)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

FW
本田圭佑(ミラン/イタリア)
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
齋藤 学(横浜F・マリノス)
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)
 
※順番は発表順