写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NHN テコラスは11月2日、同社が展開するコマース事業において、EC事業者向けに最適化したという集客代行サービスである「ECリーチ」を提供開始した。

新サービスには、初期設定から運用までをすべて代行、媒体を問わず最新の商品データを登録可能、多様なカートやモールからの商品情報収集に対応といった特徴がある。サービスの提供にあたっては、ユーザーの要望をヒアリングした後に各広告媒体への出稿・運営を同社が代行する。

登録するテキスト・データの最適化や登録条件の指定も対応可能とし、面倒なツールの設定や定期的なメンテナンスは必要がないという。また、全商品データを1日に1回更新するため、商品の追加・削除や価格の変更、在庫状況などはすべて最新の情報を反映する。

商品データの登録に関しては、Googleショッピング/Criteo/Facebook・Instagramダイナミック広告/価格.com/アフィリエイト広告など、データフィード広告の多様な媒体に出稿できるとしている。

商品データは、同社が提供するネットショップ構築サービス「CARTSTAR」で構築したECサイトに加え、他社サービスで構築したECサイトやモールなど多様なECサイトから取得できる。Google Analyticsとも連携でき、パフォーマンスの高い商品を優先して出稿することも可能としている。

料金は、初期導入費用が無料、広告媒体費用および運用手数料が10万円(税別、データフィード利用料及び広告運用手数料を含む)から。

(山本善之介)