『ファインディング・ドリー』 (C) 2016 Disney/Pixar

写真拡大

今夏、興収68億円突破の大ヒットを記録した『ファインディング・ドリー』の先行デジタル配信が早くも11月15日よりスタート。さらに11月22日にはMovieNEX(4000円+税)も発売となるが、これを記念し、超キュートなベビー・ドリーが両親とともに歌う『ファインディング・ドリー』本編クリップ映像が解禁となった。

[動画]解禁となったキュートなベビー・ドリーが両親と歌う『ファインディング・ドリー』特別映像

本作は、前作『ファインディング・ニモ』でマーリンがドリーとともに、愛する息子ニモを人間の世界から救出した冒険の旅から1年後が舞台。今度の主人公はドリーで、忘れん坊の彼女がただひとつ忘れなかったもの(=家族)を求めて、仲間たちと繰り広げる冒険の旅が描かれていく。

解禁となったのは、ドリーとタコのハンクが、ドリーの両親を探してたどり着いた<人間の世界>で窮地に陥ったシーン。2人が慌てふためいてオロオロする中、ドリーはふいに幼少期の思い出がフラッシュバックする。それは、どんな時も深い愛で包み込んでくれた両親との記憶……。

「危ない、ドリー」とパパに救われた幼少時のドリーは、自分の忘れんぼうぶりに自己嫌悪を感じ「ごめんね、パパ」と謝るも、両親はそんな彼女をとがめずに「とにかく泳ぎ続けるのよ」とやさしくアドバイス。「それは覚えられるわね。だって…、ええと…」と言いかけたママは、ちょっと考えてから「歌えばいい」と続け、歌い出す。

きっと両親はドリーが覚えやすいようにと歌にして教えたのだろう。「泳ぎましょう、ひたすらスイミング。とにかく泳ぎましょう、どんどんね」とドリーを囲むように泳ぎながら歌い聞かせる両親の親心が胸に染みるシーンだ。しょげていたドリーも、最後には笑顔を取り戻し、とびきりキュートな笑顔を見せる。

MovieNEXにはほかにも、未公開シーンやメイキング映像など、充実のボーナス・コンテンツが多数収録されている。秋の夜長、本編を楽しんだ後は、じっくりとボーナス・コンテンツを楽しんでみては、いかがだろうか?

なお、ディズニー公式サイトでは『ファインディング・ニモ』と『ファインディング・ドリー』に登場するキャラクターのうち、会いたいキャラクターに投票すると、抽選で20名にオリジナルグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!投票期限は12月20日まで。詳細は右記をチェック!(http://www.disney.co.jp/movie/dory/aitai.html)