VWがヘッドフォンでお馴染みのBeatsとコラボした400台限定のポロを発売

写真拡大 (全6枚)

スペシャルなオーディオを搭載した若者必見のモデル

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、グローバルに人気の高いオーディオブランド「Beats(ビーツ)」とコボレーションした「フォルクスワーゲンPolo(ポロ)」の限定車、「Polo with beats(ポロ ウィズ ビーツ)」を発売した。

これはPolo TSI Comfortline(ポロ ティーエスアイ コンフォートライン)をベースにし、プレミアムサウンドシステム「beats sound system」を搭載したもの。また、エクステリア、インテリア共に「Beats」の世界感を表現し、デザインされている。


サウンドシステムは、300W・8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサーを搭載。6つのスピーカーとサブウーハーという7スピーカーシステムで構成される。


エクステリアはドアのデコレーションフィルム、専用ドアミラー、16インチアルミなどを装備。

インテリアはドアトリム、ダッシュボード、シートカラーにグレーを配色。さらにBeatsのブランドロゴである「b」をあしらったシートやシートベルトにはレッドステッチが施される。

車両台数は限定400台で、ボディカラーは2種類。ピュアホワイト200台、フラッシュレッド200台の導入だ。