ドコモがAndroid 7.0更新予定モデル全19機種を発表。Xperia Z4など2015年夏モデル以降が対象

写真拡大

NTTドコモは、Android 7.0 Nugatにバージョンアップ予定となる、スマートフォン・タブレットの一覧を公開しました。ソニーのXperiaシリーズやシャープのAQUOSシリーズ、富士通のarrowsシリーズ、サムスンのGalaxyシリーズなど全19機種となっています。

Android 7.0 Nougat は、グーグルが8月末に公開したスマートフォン・タブレット向けの最新モバイルOSです。目玉と言える新機能はマルチタスク関連機能の充実。画面を上下に分割して、2つのアプリを同時に使うことができる「マルチウィンドウ」がOS標準でサポートされます。また、アプリの仕切りにはスライダーが設けられており、これを移動させることで、各アプリの画面サイズも自由に調整することが可能です。

Android 7.0の詳細はこちらの記事をご覧ください。

ドコモのバージョンアップ予定製品は下記の通りです

AQUOS ZETA SH-03G

AQUOS ZETA SH-01H

AQUOS Compact SH-02H

AQUOS ZETA SH-04H

AQUOS EVER SH-02J

arrows SV F-03H

arrows Tab F-04H

arrows NX F-01J

Galaxy S6 edge SC-04G

Galaxy S6 SC-05G

Galaxy S7 edge SC-02H

Xperia Z4 SO-03G

Xperia Z4 Tablet SO-05G

Xperia Z5 SO-01H

Xperia Z5 Compact SO-02H

Xperia Z5 Premium SO-03H

Xperia X Performance SO-04H

Xperia XZ SO-01J

Xperia X Compact SO-02J

NTTドコモの資料によると、Android 7.0にバージョンアップされるのは、スマートフォンが18機種、タブレットが1機種の計19機種。発売時期の速い(古い)ところでは、GalaxyシリーズがS6以降、Xperiaシリーズはグローバル版と同じくZ4以降となっています。

なお、Android 6.0バージョンアップの際には、ドコモ版Xperia Z5がグローバル版よりも早く提供されたことで話題を集めていました。Android 7.0でもそのように迅速にバージョンアップが提供されるのか、気になるところです。

バージョンアップの開始時期については「提供準備が整い次第、製品アップデートで順次お知らせする」としています。