新大久保映画祭、開幕!俳優ドン・ヒョンベ&チョ・マンシクら来日

写真拡大 (全11枚)

【4日=KEJNEWS片岡実香 / 写真=張東】 11月3日から「第3回新大久保映画祭2016」が開幕。開幕式には監督のイ・ジャンホ、チャン・ゴンジェをはじめとする様々なゲストが参加した。
 
まず公式応援団のTHE 5tionのステージで開幕式はスタート。前衆議院議員の海江田万里も来賓として登壇。「日中韓、アジアの人々は仲良くしていくべきだと思います。そのためにはお互いの国の映画をたくさん見たり、その国の友人を作ることだと思います」と挨拶した。

続いて映画祭で上映される『風が吹くいい日』のイ・ジャンホ監督、『ひと夏のファンタジア』のチャン・ゴンジェ監督、そして昨年『スイートハート・チョコレート』が映画祭に招待された篠原哲雄監督が登壇した。

イ監督は、「以前にはじめて映画祭で呼んでいただいたときに、日本ではとても多くの映画祭が開催されているということで驚きました。今後は韓国が世界で1番多い国になってほしいと思っています。この映画祭や韓国で開かれるものが姉妹映画祭になればいいなと思います。力を合わせて頑張りましょう」と話した。続いてチャン監督は「こうして伝説のイ監督と一緒の舞台に立てていることが嬉しいです。観客がいて映画祭は成り立ちます。開幕式のみならず、映画もたくさん見に来てください」と映画祭の繁盛を願った。

そして映画祭で上映される『ベテラン』に出演する俳優チョ・マンシクもステージに登場。」作品の見どころを紹介しながら「面白い撮影エピソードというよりは、危険だったものがあります。でもみなさんを怖がらせてしまうのでやめておきますね(笑)」と冗談を飛ばして、場を和ませる一幕もあった。そして「撮影は楽しかった思い出しかありません」と振り返った。

続いては映画祭の広報大使を務める俳優のドン・ヒョンベが登場。オープニング作品『同窓生』に出演しており、主演を務めたT.O.Pが属するグループBIGBANGのSOLの兄としても知られている。映画の見どころについては、「僕がT.O.Pをどれほどいじめているか、というところと、どれだけ殴られるかというところです(笑)。あとはT.O.Pの目の演技に注目してください」と話した。

最後は公式応援団のグループB-CROWNと、THE 5tionが登場し、パフォーマンスを繰り広げて開幕式を締めくくった。