ユ・ジテ主演映画「スプリット」韓国公開日を11月9日に変更

写真拡大

映画「スプリット」が公開日を変更した。

配給会社ロッテエンターテインメント側は本日(4日)、「『スプリット』が11月9日の公開を確定した」と明らかにした。

これと共に、撮影現場のビハインドスチールカットも公開された。俳優の熱い情熱と和気あいあいとした雰囲気がそっくり伝えられるカットだった。特にユ・ジテとイ・デビッドのブロマンスケミ(相手との相性) が視線を引く。ユ・ジテは、イ・デビッドを背に負ったまま明るい笑顔を浮かべている。笑いの花がぱっと咲いた2人の姿は、温かい雰囲気をかもし出した。

「スプリット」はギャンブルボーリングの世界に飛び込んだどん底人生を生きるチョルジョン(ユ・ジテ)と、自閉症を患うボーリングの天才ヨンフン(イ・デビッド) の痛快な人生逆転を描いた作品だ。