今年のラブ・ラブ・ロック・フェスティバルのPR大使に選ばれるクオーターバックのメンバーたち=角頭音楽提供

写真拡大

(台北 4日 中央社)ロックバンド「ドゥ・アズ・インフィニティ」(Do As Infinity)が、大麻使用などの疑いで先月逮捕された中国大陸の歌手、ソン・ドンイエ(宋冬野)のピンチヒッターとして、新北市内で11日に開幕する音楽イベント「ラブ・ラブ・ロック・フェスティバル」(愛愛搖滾帳篷音楽節)に出演することが決まった。訪台は2002年以来約14年ぶり。公式フェイスブックには「待ちに待った」「楽しみ」など、ステージを期待するコメントが台湾のファンから多数寄せられている。

同イベントは台湾のインディーズレーベル「角頭音楽」が2008年から開催。11月11日は中華圏ではシングル(独身)の日とされており、“出会い”と“テント”をテーマとしている。

出演アーティストはDo As Infinityのほか、ワンフー(旺福)、ロー・ターヨウ(羅大佑)、チョコレートタイガー(猛虎巧克力)、クオーターバック(四分衛)など60組。13日までの3日間、代わる代わるパフォーマンスを繰り広げる。Do As Infinityの出演は13日。

(呉協昌、劉茜ブン/編集:名切千絵)