ゴスペラーズがシンディ・ローパーの名曲「トゥルー・カラーズ」を歌い上げる

写真拡大

「かもめ食堂」('06年)、「めがね」('07年)などで日本映画の新しいジャンルを築き、その独特の世界観が女性から圧倒的支持を得ている荻上直子監督待望の最新作「彼らが本気で編むときは、」が'17年2月25日(土)に公開。

【写真を見る】世代や性別を越えた“世界的応援歌”で映画を応援する!/(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

生田斗真や桐谷健太、ミムラ、小池栄子、門脇麦、りりィ、田中美佐子ら豪華キャストの共演も話題の本作は、優しさに満ちたトランスジェンダーの女性リンコ(生田)と、彼女の心の美しさに引かれ、全てを受け入れる恋人のマキオ(桐谷)、愛を知らない孤独な少女・トモ(柿原りんか)の3人が、それぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日を描く。

このたび、本作を彩るイメージソングが決定。楽曲は、'86年にシンディ・ローパーが、セカンドアルバム『トゥルー・カラーズ』からのファーストシングルとして発表した、同名曲「トゥルー・カラーズ」。ビルボード・ホット100で2週間1位を記録した他、世界中で大ヒットとなった名曲だ。

「トゥルー・カラーズ」は、その歌詞の内容から、セクシュアル・マイノリティーをはじめとする多くの人たちの心を打ち、世界中のさまざまなアーティストにカバーされ、幅広い世代から愛されている名曲。

今や「世界的なセクシュアル・マイノリティーの応援歌」の定番にもなった楽曲で、LGBTパレードやイベントなどで歌われ、シンディ・ローパー自身も積極的にLGBT系のイベントに出演し、会場中で大合唱となるなど、彼女もセクシュアル・マイノリティーの人たちを勇気づける活動を行い続けている。

また、本作の主人公であるトランスジェンダーのリンコの心情を表し、本作を見た観客の心に寄り添う曲としてふさわしいことから、イメージソングに起用された。

さらに、本作での楽曲起用に当たって日本のボーカルグループのパイオニアであるゴスペラーズが同曲をカバーすることも決定。

完成したサウンドは、セクシュアル・マイノリティーや、育児放棄、親の介護といったさまざまな社会的なテーマを盛り込みつつも、爽やかな世界観に満ちている本作の魅力に合う仕上がりになっている。

ゴスペラーズのリーダー・村上てつやは「今まで一体どれぐらいの人がこの曲にそっと背中を押してもらったのでしょうか? 世の中に名曲数あれど、その究極の1つである『True Colors』を唄わせていただく機会に恵まれ本当にうれしいです」とコメントした。