4日、韓国の朴槿恵大統領が、40年来の友人であった崔順実容疑者が職権乱用の共犯などの疑いで逮捕されたことなどを受け、国民向け談話を発表した。

写真拡大

2016年11月4日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、40年来の友人であった崔順実(チェ・スンシル)容疑者が職権乱用の共犯などの疑いで逮捕されたことなどを受け、国民向け談話を発表した。韓国・ニューシスなどが伝えた。

朴大統領はこの日午前10時30分、大統領府春秋館で国民向け談話を発表し、「今回の事態の真相と責任を究明するに当たり最大限の協力をする」との意向を示した。また、友人の崔容疑者が拘束され、自身の側近であった安鍾範(アン・ジョンボム)大統領府前政策調整首席秘書官に対し検察の捜査が行われていることに触れ、「すでに青瓦台(大統領府)秘書室や警護室にも検察の捜査に積極的に協力するよう指示した」ことを明らかにした。さらに「必要であれば、私もまた検察の捜査に誠実に臨む覚悟であり、特別検事による捜査も受け入れる」と述べた。

また、今回の事態については「すべて私の過ちであり私の不覚により起こった。自分の大きな責任を心に深く痛感している」として自身の責任を認める発言をした。

朴大統領にとっては、一連の疑惑が浮上したことを受けて先月25日に行った会見から2度目の国民への謝罪となったが、韓国のネットユーザーからは厳しい声が寄せられている。

「ショーはまだまだ続く…」
「自分の過ちとは認めても、辞めるとは死んでも言わないつもりだな」
「引きずり下ろされる前に退け」
「むしろ怒りがさらに湧いた」

「あきれた」
「申し訳ないけど僕らは検察をこれっぽっちも信じてないんで、辞めてください」
「ふざけてる。自分の言いたいことだけ言って引っ込んだよ」
「大統領をこのまま続けるという話にしか聞こえないが」

「最後までやってやろうってこと?」
「つまり『私は知らなかったんです。個人的に助けてもらうために友達を呼んだだけです。このまま大統領を続けます』ということか。年寄りは頑固だな」
「辞任の発表かと期待してたのに、違ったね」(翻訳・編集/吉金)