CCCがオートバックスセブン、2017年に合弁会社を設立

写真拡大

 「TSUTAYA」「蔦屋家電」などをてがけるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、10月31日、オートバックスセブンとの間で、業務提携に関する基本合意を締結したと発表した。

 CCCが有する6050万の顧客基盤、ライフスタイル提案力と、オートバックスセブンが有する1500万人の顧客基盤、カーライフのノウハウといった両社の事業リソースを連携することで、新たなシナジーを創出し、競争力の維持・強化の実現を目指す。

 2017年1月を目処に合弁会社を設立するほか、カーライフを軸としたデータベース構築やマーケティングサービスの実施を予定する。さらに17年4月を目処にポイントサービスのTポイントへの統一とTカード発行を行う計画だ。