防弾少年団「STAR SHOW 360」で演技に挑戦…ミニドラマに“高まる期待”

写真拡大

防弾少年団が演技に挑戦する。

ユーモアはもちろん、隠していた個人技、歴代級のステージまで防弾少年団のすべてを見ることができる今回の「STAR SHOW 360」第8回では、防弾少年団が演技に挑戦した。

今回の「STAR SHOW 360」の収録で防弾少年団が挑戦した演技は「イケメン防弾高校」というコンセプトで女子高生たちが夢見る想像の中の学校を作り出したという。劇中の防弾高校でSUGAは音楽の先生、ジミンは体育の先生、RAP MONSTERは英語の先生、J-HOPEは韓国語の先生、ジンは保健の先生、ジョングクは美術サークルの先輩、Vは学級委員役を務めて熱演したという。

メンバーは、ほどんど慣れない演技とくすぐったいセリフに最初は照れた様子だったが、すぐに演技に集中して熱演したという。

想像スクールロマンスを描いた防弾少年団のミニドラマは、韓国で11月7日午後5時30分、MBC every1、MBC MUSIC「STAR SHOW 360」を通じて見ることができる。