『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』

写真拡大

『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンが主演したTV映画『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』が、11月6日(日)にスターチャンネルにて独占日本初放送される。

ブライアンがトニー賞受賞の舞台に引き続いてジョン・F・ケネディの次の大統領、リンドン・ジョンソンに扮した本作。彼がアカデミー賞に初ノミネートされた映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチ監督と再びタッグを組み、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。第68回エミー賞で作品賞、主演男優賞をはじめ8部門にノミネートされた。

ブライアンのほか、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のアンソニー・マッキー、『ウェイワード・パインズ 出口のない街』のメリッサ・レオ、『フロスト×ニクソン』のフランク・ランジェラ、『ザ・ホワイトハウス』のブラッドリー・ホイットフォードなどが出演。

『オール・ザ・ウェイ JFKを継いだ男』は11月6日(日)21:00よりスターチャンネルにて放送。(海外ドラマNAVI)