旅行でお土産などを買う際、土地勘がないこともあってかどうしても人気の多い土産物屋を選びがちである。もちろんそれはそれでいいのだが、せっかく異郷の地にやってきたのだから、ひっそりとたたずむ小さな店で買い物をしてみるのも一興だ。必要なのは、お金が入った財布と、ほんのちょっとの勇気である。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 旅行でお土産などを買う際、土地勘がないこともあってか、どうしても人気の多い土産物屋を選びがちである。もちろんそれはそれでいいのだが、せっかく異郷の地にやってきたのだから、ひっそりとたたずむ小さな店で買い物をしてみるのも一興だ。必要なのは、お金が入った財布と、ほんのちょっとの勇気である。

 中国メディア・浙江老年報が1日に掲載した記事では、日本の旅行で触れた小さな幸福感について紹介している。その中に、京都にある小さい釣具店「永塚釣具店」で買い物をした際のエピソードがある。中国人観光客である筆者一行は、この釣具店で「プライスレス」なひと時を過ごしたようだ。

 創業が明治45年という老舗の木戸を開けて入った店内は、わずか5-6平方メートル。3人入ればもういっぱい、というスペースに、釣り具がいっぱいにディスプレイされている。店に入ってしばらくすると、ようやく白髪頭の年配の女性が顔を出す。日本語のできる同行者の話によると、「子どもたちはみんな東京に出てしまい、1人で店を守っている」とのこと。

 お目当てにしていたアイテムが見つからなかった同行者が「店で一番高いのをください」と言うと、女性店主は「初心者にはこれがいい」としてそれほど高価でない竿を持ってきた。議論の末同行者がその竿で納得すると、店主は「特別な結び方があるから、私がやりましょう」と糸を釣り竿に結び付け始めた。しかしその動作はゆっくりで、手は甚く震えている。「ごめんなさいね、遅くて」と謝りながらの作業だった。そして最後に、買った物を全て白い紙袋に入れてくれた。そこには、店主の似顔絵が描かれた赤いスタンプが押されている。帳簿も手書きだ。パソコンなどない。

 記事は、結局その日の午後を、まるまるこの釣具店で過ごすことになったと説明するとともに、帰るまで別の客は1人もやって来なかったとしている。筆者たちは、店主とのやりとりを存分に楽しんだようである。景色を見て、おいしいものを食べて、免税店で買い物をするだけが海外旅行ではない。現地の人との何気ない心の触れ合いも貴重な体験なのだ。異国の地で出会った人と心を通わせることで、金銭では決して得ることのできない「ささやかな幸福感」を味わうことができる。「爆買い」の熱狂から冷めた中国人観光客たちは今、そんなことに気づきつつあるのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)