マライア・キャリー破局で、12億円の婚約指輪を「返す?もらう?」大論争

写真拡大

 オーストラリアの大富豪ジェームズ・パッカー氏(49)との破局が報じられたマライア・キャリー(46)。「もらった指輪は返すべきか否か」について各地で意見が分かれています。

 指輪は35カラットのダイアモンド。推定価格は1600万豪ドル(約12億円)です。今年1月にパッカー氏からプロポーズされ、マライアは歓喜して受け取ったそう。

 でも、豪女性雑誌『ウーマンズ・デー』が10月、ふたりがギリシア夏季休暇で言い争いとなり、破局したと報道。マライアのリアリティ番組出演によるプライベートの露出や浪費癖にパッカー氏がイラだったから、との説が流れました。

 一方で、マライアは日系人バックダンサーとの浮気説が持ち上がったり、パッカー氏に引っ越し費用の要求をした、指輪はもらう意向などと報じられ、泥沼状態。

◆100ページの婚前契約書の中身

 さらに3日の報道では、100ページに及ぶ彼らの婚前契約(プレナップ)の概要が表沙汰になりました。その内容は、結婚生活が破綻した場合、パッカー氏がマライアにUS5000万ドル(約52億円)を支払う一方、マライアは「ギフト」と記されていないものはすべて返す、というもの。

 ただ、今年3月にボラボラ島で予定された挙式が延期されたため、パッカー氏はこれに署名していないと言います。

 そんな中、マライアはハロウィンに、暗いテーブルで爪を研ぐ動画を公開。相変わらず自慢の巨乳をアピールしていますが、なんだかコワーい感じ……。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BMQ_x80h2dS/

◆12億円の指輪のゆくえ

 やはり注目は12億円の指輪のゆくえです。英語圏の世論は、「もらったものはもらっておけ」という意見がある一方、「婚約ナシ=指輪ナシ」「オークションにかけて売上げをチャリティに寄付しろ」、果ては「ヨットから海に放り投げちゃえ」なんて声も。

 大手弁護士事務所スレイター・ゴードンによれば、「結婚は法的な約束を伴うものであり、婚約指輪はその遂行の証」だとか 。男性側にひどい落ち度があれば指輪は返さなくて良いこともあるし、逆に女性側に結婚に進めないような大きな責任があるならば指輪返却もあり得るそうです。

 マライアたちの裁判地がどこになるかにもよりますが、カリフォルニアでは「女性側に何も落ち度がないのに男性側から一方的に婚約破棄した場合、女性は指輪を所有できる」とした判決もある一方、「受け取り側から婚約を破棄した場合、通常は指輪は返却する」という弁護士の意見も。

 一方、豪州では「指輪は捨てた」とした女性に対し、特段の事由がないのに婚約を破棄したとして相応金額の支払いを命じた判例が過去にありました。

 ちなみに、日本でも同様に、婚約を破綻した理由によって法的な見解は異なるようです。指輪をもらったからといって安心はできませんね。くれぐれもご用心を……。

<TEXT/沢木サニー祐二>

【沢木サニー祐二 プロフィール】
オージー文化評論家。大学で心理学を専攻後、講談社に入社。退職後、オーストラリアの独立移住ビザを取得、現在までシドニーに在住。現地で月刊誌やガイドブック製作などに携わりながら、移住・資産運用・法務サポートなどを行う。日本経済新聞シドニー支局現地記者(2013-15)、豪全国調停人協会認定調停人、英国仲裁人協会会員。