【なぜ作った】クリスマスディナーの定番「七面鳥の丸焼き」がでっかいぬいぐるみになっちゃった!

写真拡大

ハロウィンが終わっていよいよクリスマスムードへ突入しようかという今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

本日みなさんに紹介するのは、「七面鳥の丸焼きぬいぐるみ」。クリスマスディナーの定番である七面鳥の丸焼きをなぜかぬいぐるみにしてしまうという斬新すぎる発想に脱帽、でも見ているうちにだんだん欲しくなってくるから不思議なの!

【でかすぎるくらいがちょうどいい!?】

通販サイト「ぬいぐるみ工房MOCOMOCO」で購入することができる「七面鳥の丸焼きぬいぐるみ」にはS・M・Lサイズがあるようで、おススメは断然1番大きなL。

本体は約50cm、モモ肉部分だけでも約35cm。手羽先をくるくる回して遊ぶことができるほか、マジックテープによってモモ肉を取り外すこともできるという至れり尽くせりぶりが魅力です。

【抱きしめただけで安心感を得られそう】

両手でギュッと抱えれば、きっとたちまち、心が満たされる。誰もが目を奪われずにはいられないビジュアル、どっしりとした存在感に1度ハマれば、「なんでこんなの作ったんだろ……」といったモヤモヤも一気に吹き飛ぶ、はず!

【まだまだ気になる商品が!】

一緒に眠れば、七面鳥の丸焼きを食べる夢が見られそう♪ とにもかくにもインパクトがものすごい「七面鳥の丸焼きぬいぐるみ」の気になるお値段は、Sサイズが2916円、Mサイズが4104円、そしてLサイズが10584円とのことです(すべて税込み)。

ちなみにこちらの通販サイトでは、マンガ肉のぬいぐるみも売られているよう。Lサイズの「マンガ肉抱き枕ぬいぐるみ」なんていう夢のようなアイテムもあるので、ぜひ、あわせてチェックしてみてくださいっ♪

参照元:ぬいぐるみ通販サイト「ぬいぐるみ工房MOCOMOCO」
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る