「一週間フレンズ。」の一場面 (C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・
映画「一週間フレンズ。」製作委員会

写真拡大

 川口春奈と山崎賢人の主演で、葉月抹茶氏の漫画を映画化した「一週間フレンズ。」の、新場面写真が公開された。山崎と「超特急」のタカシこと松尾太陽の共演シーンを切り取っている。

 累計発行部数150万部を超える人気漫画を、「電車男」「7月24日通りのクリスマス」の村上正典監督が実写映画化。1週間しか記憶がもたない障害を抱える高校2年生・藤宮香織と、香織のそばにいたいと願う同級生の長谷祐樹の恋模様を描く。祐樹に「友だちになってほしい」と声をかけられた香織は、当初は拒んでいたものの、交換日記を始めたことで徐々に距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る転校生が現れる。

 場面写真は、昼休み中の祐樹(山崎)と親友・将吾(松尾)の姿をとらえている。友だち思いの将吾が、香織の力になれずに落ち込む祐樹の言葉に耳をかたむけており、男同士の友情を感じさせる。また撮影現場でも、緊張が解けない松尾に山崎と川口が温かく接し、待ち時間にさまざまな雑談を交わすなかで、劇中同様に友情を育んでいったという。

 「一週間フレンズ。」は、2017年2月18日から全国公開。