ハン・ヒョジュらが
歌姫を演じる「愛を歌う花」 (C)2016 LOTTE ENTERTAINMENT
All Rights Reserved.

写真拡大

 韓国の若手女優ハン・ヒョジュ主演で、激動の時代を背景に「妓生(キーセン)」と呼ばれる歌姫の生涯を描いた映画「愛を歌う花」の予告編が完成した。

 ずば抜けた美貌と優れた歌唱力で最高の歌姫と称されるソユルと幼なじみのヨニ、そして当代最高の作曲家ユヌという3人の男女の運命と才能を、美しい音楽とともにドラマチックに描いた同作は、ソユル役のハンと、ヨニ役のチョン・ウヒ、ユヌ役のユ・ヨンソクが「ビューティー・インサイド」に続いて共演。「メモリーズ 追憶の剣」のパク・フンシク監督がメガホンをとった一作だ。

 1943年、大衆歌謡の黄金期を迎えた日本統治下の朝鮮。京城の妓生養成学校に通うソユルと幼なじみのヨニは、それぞれに優れた歌唱力を持ち、同期にとって羨望の的だった。作曲家ユヌからも一目置かれていた2人だったが、ユヌはいつしかヨニの歌声にひかれていく。ユヌの曲を自分のものにして歌手になることを夢見ていたソユルは、次第にヨニに対する嫉妬心が芽生え、3人の運命が狂い始めていく。

 予告編は桜舞い散る映像とともに、ソユルとヨニの2人の仲むつまじい様子から始まる。しかし、民衆の心を癒す歌の完成を目指すユヌに「朝鮮の心を歌いたい」と望んだソユルの願いはむなしく、ユヌはヨニの歌声に魅了されていく。歌に純粋な情熱を傾け、同じ夢を見た親友同士だった2人が、同じ男性を愛したことから、次第に狂気の嫉妬へと感情が移りゆく様子を捉えており、ハンらの見せる切ない表情が印象に残る映像になっている。2017年1月7日から公開。