イケメンな“片思い男子”か…
 - (C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

写真拡大

 川口春奈と山崎賢人がW主演を務める映画『一週間フレンズ。』の場面写真がお披露目され、山崎と松尾太陽(超特急)が演じているキャラクターの劇中でのイケメン姿が明らかにされた。

 月刊「ガンガンJOKER」で連載され、テレビアニメ化、舞台化もされた葉月抹茶の人気コミックを実写化した本作は、月曜日になると友人に関する記憶を失ってしまう女子高生の藤宮香織(川口)と、香織に心を奪われた同級生・長谷祐樹(山崎)が織りなす恋模様が映し出される青春ラブストーリー。男性7人組ユニット・超特急のタカシとしても活躍する松尾は、祐樹の親友である桐生将吾役を務めている。

 今回、公開されたのはそんな祐樹と将吾の場面写真。記憶障害を持つ香織にひたむきに思いを寄せる“片思い男子”の祐樹の表情はどこか切なげで、その視線の先には何があるのか、頭の中では何を考えているのかと観ている側も心が切なくなる。そしてそんな祐樹の横には、こちらも親友の恋の行方が心配なのか、負けじと切ない顔の将吾の姿が……。

 実は所属する事務所が同じで、先輩・後輩の関係にあるという山崎と松尾。撮影現場で緊張が解けない松尾を川口、山崎らが温かく迎えて、少しずつ本物の友達さながらの関係になっていったそうだ。その関係性があらわれたかのような、等身大の高校生を思わせる2人の写真に本作への期待度は高まるばかりだ。(編集部・海江田宗)

映画『一週間フレンズ。』は2017年2月18日より全国公開