北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は2日、トニー・ブリンケン米国国務副長官が「共和国の自衛的核抑止力強化に言い掛かりをつける妄言を並べ立てた」と非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

同通信は、「ブリンケンは去る10月28日の南朝鮮訪問の際、われわれの正々堂々たる核実験およびミサイル試射に対してけなし、あえて尊厳あるわが共和国政権を謗る悪態をついた」と指摘。

さらに、「ブリンケンの挑発的妄言は、われわれの並進路線の勝利的前進にびっくり仰天したオバマ一味の最後のうなり声にすぎない」と非難した。

そのうえで、「オバマ一味がわれわれを謗(そし)っていくら青筋を立てても、われわれはわれわれがすでに定めた道に沿っていっそうねばり強く、いっそう果敢に進むであろう」と、核開発の継続を強調した。