日本代表の主な海外組、所属クラブでの「出場時間」ランキング

写真拡大

今月に予定されているワールドカップのアジア最終予選。

10月の連戦を1勝1分で切り抜けた日本代表は、グループBで首位を走るサウジアラビアと対戦予定だ。

そんな大一番に向けヴァヒド・ハリルホジッチ監督は、4日(金)に代表メンバーを発表する流れになっている。

前回の記者会見では海外組の選手たちが所属クラブで十分に出場機会を得られていないことについても言及がなされ、招集の意図についての説明があった。ハリルホジッチ監督は、そうした状況の中メンバーを選んだことについて「難しかった」と話している。

そこで今回は11月の代表メンバーを予想する上で参考になるよう、海外組選手たちの所属クラブにおける出場時間のランキングをまとめてみることにしよう。

※対象とするのはW杯予選に予備登録されている海外組選手
※データは『transfermarkt』と『soccerway』を参照
※2016年11月2日現在

28位:川島 永嗣(メス/FRA)
ポジション:GK
出場時間:0分(0試合出場)
※チームは11試合を消化

28位:内田 篤人(シャルケ/GER)
ポジション:DF
出場時間:0分(0試合出場)
※チームは9試合を消化

27位:宇佐美 貴史(アウクスブルク/GER)
ポジション:FW
出場時間:9分(1試合出場)
※チームは9試合を消化

26位:武藤 嘉紀(マインツ/GER)
ポジション:FW
出場時間:47分(3試合出場)
※チームは9試合を消化

25位:本田 圭佑(ミラン/ITA)
ポジション:MF
出場時間:80分(3試合出場)
※チームは11試合を消化

24位:吉田 麻也(サウサンプトン/ENG)
ポジション:DF
出場時間:90分(1試合出場)
※チームは10試合を消化

23位:南野 拓実(レッドブル・ザルツブルク/AUT)
ポジション:FW
出場時間:164分(4試合出場)
※チームは13試合を消化

22位:太田 宏介(太田宏介/NED)
ポジション:DF
出場時間:183分(5試合出場)
※チームは11試合を消化

21位:清武 弘嗣(セビージャ/ESP)
ポジション:MF
出場時間:241分(3試合出場)
※チームは10試合を消化

20位:長友 佑都(インテル/ITA)
ポジション:DF
出場時間:270分(4試合出場)
※チームは11試合を消化

19位:宮市 亮(ザンクト・パウリ/GER)
ポジション:FW
出場時間:292分(7試合出場)
※チームは11試合を消化

18位:香川 真司(ドルトムント/GER)
ポジション:MF
出場時間:317分(6試合出場)
※チームは9試合を消化

17位:乾 貴士(エイバル/ESP)
ポジション:MF
出場時間:334分(4試合出場)
※チームは10試合を消化

16位:岡崎 慎司(レスター/ENG)
ポジション:FW
出場時間:406分(7試合出場)
※チームは10試合を消化

15位:浅野 拓磨(シュトゥットガルト/GER)
ポジション:FW
出場時間:433分(7試合出場)
※チームは11試合を消化

14位:山田 大記(カールスルーエ/GER)
ポジション:MF
出場時間:506分(6試合出場)
※チームは11試合を消化

13位:細貝 萌(シュトゥットガルト/GER)
ポジション:MF
出場時間:538分(7試合出場)
※チームは11試合を消化

12位:長谷部 誠(フランクフルト/JPN)
ポジション:MF
出場時間:563分(7試合出場)
※チームは9試合を消化

11位:小林 祐希(ヘーレンフェーン/NED)
ポジション:MF
出場時間:602分(7試合出場)
※チームは11試合を消化

10位:大迫 勇也(ケルン/GER)
ポジション:FW
出場時間:605分(9試合出場)
※チームは9試合を消化

9位:酒井 高徳(ハンブルガーSV/GER)
ポジション:DF
出場時間:675分(9試合出場)
※チームは9試合を消化

8位:原口 元気(ヘルタBSC/GER)
ポジション:FW
出場時間:810分(9試合出場)
※チームは9試合を消化

7位:酒井 宏樹(マルセイユ/FRA)
ポジション:DF
出場時間:819分(10試合出場)
※チームは11試合を消化

6位:ハーフナー・マイク(ADOデン・ハーグ/NED)
ポジション:FW
出場時間:904分(11試合出場)
※チームは11試合を消化

5位:久保 裕也(ヤング・ボーイズ/SUI)
ポジション:FW
出場時間:910分(13試合出場)
※チームは13試合を消化

4位:瀬戸 貴幸(アストラ・ジュルジュ/ROU)
ポジション:MF
出場時間:987分(12試合出場)
※チームは14試合を消化

3位:権田 修一(SVホルン/AUT)
ポジション:GK
出場時間:990分(11試合出場)
※チームは16試合を消化

2位:森岡 亮太(シュロンスク・ヴロツワフ/POL)
ポジション:MF
出場時間:1219分(14試合出場)
※チームは14試合を消化

1位:高萩 洋次郎(FCソウル)
ポジション:MF
出場時間:2228分(31試合出場)
※チームは37試合を消化
※Kリーグは春秋制を採用

リーグによって開幕の次期がまちまちであるため、ランキングとして完全に公平であるとは言い切れないのだが、欧州組ではシュロンスク・ヴロツワフの森岡亮太がトップの1219分となった。

なお、0分出場は「第3GK」扱いの川島と長期離脱中の内田のみ。

こうして見ると、やはり主力選手の多くが所属クラブで厳しい立場に立たされているのが分かる。