金正恩氏

写真拡大

「我々はあらゆる準備を固めており、(北朝鮮との)戦争という最悪の状況は避けるべきだが、戦争をしなければならない瞬間にも備えなければならない」

「愛人ホスト」の意外な影響

米韓連合司令部のビンセント・ブルックス司令官は1日、韓国の李淳鎮(イ・スンジン)合同参謀本部議長とともにグアムの米軍基地を訪れた際、このように語った。グアムには、北朝鮮が警戒する戦略爆撃機の基地がある。ブルックス氏の言葉は、米国が韓国を全力で守るという意思を示し、韓国社会の不安感を払拭するためのものなのだろう。

もちろん、その言葉に「本気」が込められていなければ、そのような効果を持つことは出来ない。北朝鮮に対する「主戦論」は、ほかの米国高官たちからも出ている。

その多くは韓国防衛のためというより、北朝鮮が核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)を持つ前に、外科手術的な攻撃でその開発能力を削ぐべきという自国本位の発想からのものだろう。もっとも、だからこそ強硬な言葉に「本気」がこもり、北朝鮮に対する抑止効果が生まれるとも言える。

しかし今後しばらくの間、そのような心理的圧迫は、北朝鮮に対して効果を持たなくなるかもしれない。そのように考える理由は、韓国の政治と社会の混乱にある。

朴槿恵大統領の知人女性が、民間人でありながら国家機密や人事に介入したとされている疑惑「崔順実(チェ・スンシル)ゲート」は、当初は教育・文化・スポーツ行政と関わる分野で火が付いたが、それが安保分野にまで飛び火する気配を見せている。軍の先端装備の選定や人事にまで口をはさんでいたとの噂が出始めているのだ。

とくに、国軍機務司令官の事実上の左遷にも絡んだとの噂が事実であれば、重大事である。韓国の情報機関と言えば、国家情報院(国情院)を思い浮かべる人が多いだろうが、軍の防諜機関である機務司令部も、北朝鮮のスパイ対策ではきわめて重要な組織だ。

そこに、愛人の元ホストを引き連れた民間人女性らの素人集団が影響力を行使していたとしたら、米軍としても、「いつでも北と戦う」などと本気で言えなくなってしまうのではないか。

正恩氏のパーティー狂い

そして最大の問題は、米韓連合の腰砕けから、北朝鮮の金正恩党委員長が多大な利益を得てしまうことだ。

国際社会からの圧迫にもなかなか揺らがない北朝鮮の体制内部にあって、最大の「不安要素」は正恩氏の健康問題である可能性が高い。

国家情報院は先ごろ、国会情報委員会の国政監査で、正恩氏が毎週3、4回ずつ夜通しのパーティー(酒宴)を開き、不摂生な生活と食習慣のために健康不安を抱えているとの分析を報告した。

(参考記事:北朝鮮「秘密パーティーのコンパニオン」に動員される女学生たちの涙

そのような荒れた生活が、極度のストレスに由来していることは容易に想像がつく。いずれ米韓が、何らかの形で北朝鮮とケリをつけるにせよ、「健康な正恩氏」と渡り合うより、「健康ではない正恩氏」との方が与しやすいのは明らかだ。

逆に言えば、若年の正恩氏は良好な健康状態を保ちつつ政治経験を積むことが、今後の時代を生き抜く上で大切になる。

「崔順実ゲート」の意外な影響の行方が気になる。