30日、新華社「環球」雑誌の副編集長・牛弾琴氏は韓国の朴槿恵大統領の人生を振り返り、数え切れないほどの裏切りにあってきたと指摘した。写真は朴大統領の中国語版自伝。

写真拡大

2016年10月30日、新華社「環球」雑誌の副編集長・牛弾琴氏は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の人生を振り返り、数え切れないほどの裏切りにあってきたと指摘した。以下はその内容。

朴槿恵大統領は哀れだと思うこともある。早くに母親を失い、その後に父親も失い、弟や妹とも反目。家庭も子どももなく、まさしく「国に嫁いだ女性」だからだ。

だが「可哀想に見える人には自業自得なところがある」とも言われる。在任中の業績も芳しくなく、北朝鮮問題も処理できず、中国とも反目し、親友による国政介入問題まで現れてしまった。この不適任な大統領は直ちにその職から離れるべきだろう。

数え切れない裏切りに遭ってきた朴槿恵大統領は、韓国国民を裏切ってしまった。「身から出たさび」の朴氏を、同僚の杜白羽氏は次のように描いている。

物語は1974年8月15日から始まる。その日、朴槿恵氏の母親である陸英修氏は北朝鮮の工作員に暗殺された。「当時、テレビでは母親が殺害される場面が繰り返し流されていた。メディアが母の死を連続ドラマのように伝えるのを受け入れることは、とても残酷なことだった」。朴氏は当時をこう回顧している。

このつらい時期に、仏教・キリスト教・天道教を総合した新宗教「永世教」の開祖、崔太敏(チェ・テミン)牧師が現れた。宗教活動は自由なものだが、この創意と自由は時として、多くの国では邪教と称される。

崔太敏氏はファーストレディーを代行していた朴槿恵氏を「救国女性奉仕団」の名誉総裁に据え、自身は総裁として名声を得た。自らを「太子殿下」と称し、その職務と教派を利用して財を成した。

朴槿恵氏の父親である朴正煕(パク・チョンヒ)大統領(当時)は、中央情報部長だった金載圭氏の報告を受け、金氏に調査を命じた。だが最終的には朴槿恵氏の支持と証拠不足により、崔太敏氏が司法制裁を受けることはなかった。

朴槿恵氏の介入により金載圭氏は朴正煕大統領の信頼を失った。晩餐会で、叱責された金氏は大統領を殺害した。

「あまりに大きな衝撃を受けると、人は涙すら出ないと聞いていた。その夜、私はそのことを理解した。全身の感覚が徐々になくなり、めまいを起こさせるような夢の中に身を置いている感じだった」

両親を失った朴槿恵氏と弟妹は、青瓦台(大統領府)を離れた。朴正煕氏に対する誹謗流言が勢いを増す中、朴槿恵氏は悲しみの中で父親の名誉回復のための事業を開始した。

朴槿恵氏はエレベーターの中で父親の部下にあいさつしたが、終始無視されるということもあったという。「口と心が裏表で、自身の利益のために裏切りを選ぶ人を数多く見てきた」「父親への裏切りは止むことなく、何もせずただ傍観することはもはやできなかった」と朴氏は語っている。

そうした時期に、崔太敏氏はまるで「黒衣の騎士」であるかのように最も孤独な朴槿恵氏を支え、苦難における啓発と世話を通じて、朴氏の「指導者」となっていった。

1921年生まれの崔太敏氏はもともと問題のある人物だった。僧侶から牧師へと転身し、6回結婚。朴槿恵氏と男女の関係にあったとするうわさまで出回った。

数十年後の2006年5月20日、朴槿恵氏は統一地方選挙の支援遊説中に、カッターナイフ襲撃事件に遭遇し、右耳下から顎にかけて傷を負い、60針を縫う3時間もの手術を受けた。すでに世を去っていた崔太敏氏に代わり、朴氏に付き添った「身内」が、崔氏の五女の順実氏だった。順実氏は、朴氏の崔太敏氏に対する信頼を受け継いだ。

朴槿恵氏が実妹の朴槿令(パク・クンリョン)氏と疎遠である一方で、崔順実(チェ・スンシル)氏とは実の姉妹のようであったことは公然の秘密だ。