中国人に親しみ深い菊の花の絵が描かれている1角硬貨が徐々に流通市場からその姿を消している。

写真拡大

中国人に親しみ深い菊の花の絵が描かれている1角硬貨が徐々に流通市場からその姿を消している。中国人民銀行の通知によると、11月1日で第4版人民幣1角硬貨(菊の花1角)は回収のみを受付けることになる。新たに回収される1角硬貨とストックされている分の第4版人民幣1角硬貨は、残損人民幣として、中国人民銀行の発行庫に返納される。

【その他の写真】

現在、市場では主に第5版人民幣蘭の花の1角硬貨が流通している。もし手元に菊の花1角硬貨がある場合は、通常通り使用可能だ。支払い廃止から、流通市場から完全に撤廃するまでにはまだまだ長い時間が必要となる。市場で流通している菊の花の1角硬貨は徐々に減少しており、これから収集ブームが到来するだろう。(提供/人民網日本語版・編集/TK)