中国のホワイトカラーの第3四半期の平均月収は7531元に達した。資料写真。

写真拡大

中国の求人サイト、智聯招聘はこのほど発表したレポートで、中国のホワイトカラーの第3四半期の平均月収は7531元(約11万6500円)に達したと報告した。

参考消息網が香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの記事を引用して伝えたもので、第2四半期の7233元(約11万1900円)から4%強の増加となった。都市別で最も多かったのは北京(9886元。約15万2900円)で、2位と3位には上海(9642元。約14万9200円)と深セン(8582元。約13万2800円)が名を連ねた。

このほか、第2四半期は平均で45人が1つの求人枠を争ったのに対し、第3四半期は38人に縮小。レポートはこの状況について、「企業側が求人を増やす一方、経験豊富なホワイトカラーが年末ボーナスの支給を見込んで転職を思いとどまっていることが挙げられる」としている。(提供/Bridge・編集/Asada)