博多座十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」で、市川海老蔵、山田純大、前野朋哉の共演が実現!/(C)博多座

写真拡大

テレビ東京系で放送中の市川海老蔵主演ドラマ「金曜8時のドラマ『石川五右衛門』」に出演する山田純大と前野朋哉が、同じく海老蔵主演で本日11月3日に初日を迎えた博多座・十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」に、ゲスト出演した。

【写真を見る】ねぶたなどを取り入れた壮大な舞台で雄大に石川五右衛門を演じる市川海老蔵/(C)博多座

11月25日(金)まで博多座で上演される十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」は、'09年に上演された新作歌舞伎「石川五右衛門」をさらにスケールアップしたもの。

今回も原作に樹林伸を迎え、海老蔵、中村獅童、市川右近、そして片岡孝太郎と豪華なキャストがそろっただけでなく、実寸大のねぶた、津軽三味線、大太鼓、日本舞踊などを取り入れた壮大な幕切れが見どころとになっている。

初日を迎えた本日は、舞台の途中、山田と前野が本人役でサプライズ登場。2人とも歌舞伎の舞台に登場するのは初めてながらも、観客への自己紹介で見得を切る場面も。

また、五右衛門の昼の顔、大道芸人・白波夜左衛門一座としての芝居シーンでは傘売りを演じた市川海老蔵との共演も実現した。

舞台を終えた海老蔵、山田、前田よりコメントが届いた。

■市川海老蔵のコメント:2人との共演はすごく楽しかったです。真面目にお芝居をしていますが、ずっと横目で2人を見ながら笑っていました(笑)。

ドラマの放送と舞台の公演は時期が被っていますが、最初からメディアミックスということを考えて作っていました。博多座で舞台の「石川五右衛門」の公演があって、テレビで連続ドラマが放送され、同時に両方楽しんでいただける画期的な試みです。

百助(山田)とか金蔵(前野)とか舞台にもドラマと同じ登場人物がいて、原作も樹林伸さんで、ドラマと舞台両方楽しめるような感じになっています。ドラマの方は明日11月4日(金)に4話放送。もっとどんどん見たいね。週1回の放送じゃ物足りないです(笑)。

■山田純大のコメント:すごく楽しかったです。なかなかない、いい経験でした。舞台では緊張していたのですが、幕が落ちてでてくるところまで海老蔵さんが「緊張するからね」と煽ってきました(笑)。

歌舞伎の舞台はテレビドラマと全然違って台本も稽古の前日の夜に来て、覚えたんですけど稽古で変更になったりどんどん変わっていくのが大変でした。

舞台上での動きや歌舞伎の抑揚などを考えながらやるとせりふがおろそかになるし、どちらか気を付けるとどっちか飛んでしまうような苦労がありました。今回、またこのチームで一緒にできて良かったです。

■前野朋哉のコメント:舞台に関しては緊張しすぎてほとんど記憶がないです。歌舞伎の流れを崩さないように、ヘマしちゃいけないっていう思いでした。

でもお客さんがすごく笑ってくれたので安心しました。良かったです。歌舞伎「石川五右衛門」は本当に「エンターテインメント!」という感じで、きらびやかだし、見栄えも華やかです。

あと、音楽も格好良い。ドラマとのメディアミックスに関しては、「ここまで歌舞伎ってやっていいんだ」と思いました。お堅いイメージがあるけど、自由度が高くて、驚きましたね。

また、金蔵の役を別の方がやるというのも新鮮でした。舞台の金蔵役の市川猿弥さんが踊れるし、とてもチャーミングで…うらやましいです。猿弥さんは色気もあるし、僕はサモ・ハン・キンポーに近い気がしました。