アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」の第31話「7月15日(木) その1」のシーンカットとあらすじを紹介!/(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」(毎週金曜深夜0:30-1:00ほか)の第31話『7月15日(木) その1』のシーンカットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】登校中の仗助と億泰は、道端で双眼鏡に変身した未起隆に遭遇/(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会

本作は、国内累計発行部数9000万部を超える人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」(集英社)シリーズのアニメ第4部。宿敵・DIOとの死闘を制した空条承太郎は、11年後、祖父の隠し子・東方仗助に会うため日本の杜王町を訪れる。承太郎と同じ「スタンド」という特殊能力を持つ仗助は、杜王町を守るため新たに動き始めたスタンド使いを相手に立ち上がる。

【第31話あらすじ】行方不明となっている吉良吉影の姿を探していた吉廣は川尻浩作を発見する。間違いなく息子の吉影だと確信した吉廣は川尻に近づこうとするが、その後ろには川尻をビデオで隠し撮りする早人の姿があった。露伴や承太郎たちも吉影を捜索している中、このままでは見つかってしまうと考えた吉廣はある行動に出る。一方、登校中の仗助と億泰は道端で双眼鏡に変身した未起隆と遭遇する。使われていない鉄塔を見てくれと言われ、双眼鏡で見ると、そこには鉄塔の上で生活する男がいた。

なお第32話『7月15日(木) その2』は、TOKYO MXより11月4日(金)深夜0時30分から順次オンエアとなる。