BMW7シリーズ新車情報・購入ガイド
大胆ダウンサイジング! 2.0LターボでPHV化したBMW 740e iPerformance誕生!【ニュース・トピックス:BMW】

写真拡大

大胆! 徹底ダウンサイジング! 7シリーズなのに2.0LターボのPHV。42劼EV走行が可能!

 新型BMW は、フラッグシップモデルである7シリーズ に、BMW740e iパフォーマンス(Performance)を設定し発売を開始。このモデルは、環境性能を重視したPHV

 BMW7シリーズは、2015年10月に日本デビュー。6世代目の7シリーズとなる。このモデルには、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)を随所に採用した革新的ボディ構造「カーボン・コア」が採用され、軽量化と強固なキャビンを実現。さらに、LEDヘッドライトに比べ2倍もの照射距離を実現した次世代のライト技術「BMWレーザーライト」、ドライバーの手の動きを認識して車載コントロール・システムの操作が可能な「ジェスチャー・コントロール」、車外から遠隔操作で駐車することができる「リモート・パーキング」など、量産車初の革新的機能を数多く採用したフラッグシップモデルとなっている。

 BMW740e iパフォーマンスは、環境時代に対応した高級セダン だ。搭載されるエンジンは、なんと直4の2.0Lまでダウンサイジングされた。エンジン単体で最高出力190kW(258ps)/5,000rpm、および、最大トルク 400Nm(40.8kgm)/1,550-4,400rpmを発生。2.0Lターボとしては、かなりハイパワーな仕様となっている。

 この直4 2.0Lターボエンジンに組み合わされるのは、最高出力83kW(113ps)/3,170rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)を発生するモーター。システムトータルの最高出力240kW(326ps)、最大トルクは500Nm(51.0kgm)の卓越したパワーを発揮。0-100km/h加速は僅か5.4秒(ヨーロッパ仕様車値)と俊足だ。このシステム最高出力は直6 3.0Lターボの740iと同じだが、最大トルクは50Nmほど上回っている。

 このハイブリッドシステム の要ともいえるリチウムイオン電池の容量は9.2kWhと大容量。42劼泙EV 走行が可能。充電は200V/15Aで約4時間で満充電できる。

多彩な走行モードをもつBMW740e iパフォーマンス! EV最高速度は140/h

 また、BMW740e iパフォーマンスは、たくさんのドライビングモードが存在する。電気モーターとガソリンエンジンのオペレーションモードを「eDriveボタン」で切り替えが可能。走行モードは3つ設定された。

 ひとつめは、 AUTO eDriveモード。電気モーターとガソリン・エンジンが最適なバランスで高効率に連動するデフォルトの走行モード。時速約80kmまではゼロ・エミッション走行が可能。基本的に、このモードを使う。

 二つめは、MAX eDriveモード。時速140kmまでの速度域で、電気モーターの駆動力のみでゼロ・エミッション走行が可能となる。時速140kmという高速までEV走行できるというのは、いかにもドイツ車的。このモードでも、アクセルのキックダウン操作により、エンジンが始動しよりパワフルな走行ができるようになる。徹底してEVで走行したい時向けのモードだ。

 三つめは Battery Controlモード。バッテリーの充電量を減らさないように効率的な走行するとともにガソリンエンジンによる発電も行う。バッテリー充電量の値を最高100%までドライバーが任意に設定可能。走行中においても、100%まで充電量を増やすことができる。目的地付近で、なるべくEV走行したいときなどに事前にバッテリーの容量を増やしておくモードといえる。

 また、こうしたPHVならではのモードの他に、ドライビングパフォーマンスコントロールボタンにより、エンジンレスポンス、ステアリング、トランスミッション、サスペンションのダンピング特性を、ドライバーの好みに応じて「COMFORT」、「SPORT」、「ECO PRO」、「Adaptive」の各モードに設定が可能。PHV走行モードにプラスして、よりドライバーが求める走行パターンが設定できる。

 大型のリチウムイオン電池を搭載したことで、BMW740e iパフォーマンスのトランク容量は420Lとなった。ガソリン車が515Lなので、約100Lもトランク容量が少なくなっている。ただ、同じメルセデス・ベンツ S550eロングが365Lしかないので、多少広いとはいえる。とはいえ、ラゲッジスペースを犠牲にしない設計が次モデルからは求められるだろう。PHVだからといって、使い勝手で我慢が強いられるようでは、なかなか普及しない。

ガソリンの740iよりも安い戦略的な価格11,690,000円! PHVも普及させなければ意味がない!!

 そして、注目したいのは価格。3シリーズのPHVでもかなり戦略的な価格設定をしてきたが、7シリーズ でも同様な戦略に出ている。なんと、BMW740e iパフォーマンスの価格は、11,690,000円から。ガソリン車の740iが12,250,000円なので56万円も安い計算になる。56万円という価格差が高所得者の購入マインドを左右するほどインパクトは無いが、ガソリン車よりPHVの方が安いという価格設定にBMWの強固な意思を感じる。つまり、これからの時代、普及させるべきはPHVであるということだ。また、このクラスのPHVとしては、かなりリーズナブルな価格設定だ。

 BMW7シリーズには、この740e iパフォーマンスとまったく対極にあるハイパフォーマンスにこだわったM760Li xDriveがある。まったく趣向の異なる顧客に向けた7シリーズだ。ただ、これではあまりに古典的過ぎる感もある。これからドンドンと加速する環境重視の流れを考えるのなら、PHVベースのMモデルがあっていいだろう。もはや、単に排気量が多く速いクルマが、オーナーのステータスシンボルとなる時代ではなく、プラス環境を意識した知性がプラスされる時代だ。

BMW 740e iPerformance価格

■BMW 740e iPerformance価格

・740e iPerformance 11,690,000円
・740e iPerformance M Sport 12,400,000円

BMW 740e iPerformanceの主な標準装備品

アクティブ・プロテクション
PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(フロント&リヤ、ビジュアル表示機能付)
パーキング・アシスト
ドライビング・アシスト・プラス
   - ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)
   - ステアリング&レーン・コントロール・アシスト
   - レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)
   - レーン・チェンジ・ウォーニング
   - アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション
   - 前車接近警告機能
   - 衝突回避・被害軽減ブレーキ
   - 後車衝突警告機能
   - クロス・トラフィック・ウォーニング(フロント&リヤ)

トップ・ビュー+ 3Dビュー
サイド・ビュー・カメラ、リヤ・ビュー・カメラ(予測進路表示機能付)
BMWコネクテッドドライブ・スタンダード
   - BMW SOSコール
   - BMWテレサービス
   - BMWリモート・サービス

BMWコネクテッドドライブ・プレミアム
   - BMWドライバー・サポート・デスク
   - BMWコネクテッドドライブ・サービス

BMWサービス・インクルーシブ・プラス(3年メインテナンス・パッケージ)
セルフ・レベリング機能付2アクスル・エア・サスペンション
ダイナミック・ダンピング・コントロール
ドライビングパフォーマンスコントロール(ECO PROモード、Adaptiveモード付)
インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング(前後輪統合制御ステアリング・システム)
ウェルカム・ライト・カーペット
ソフト・クローズ・ドア(フロント&リヤ)
オートマチック・トランク・リッド・オペレーション(オープン/クローズ)
コンフォート・アクセス(スマート・オープン/クローズ機能付)
LEDヘッドライト(LEDハイ/ロービーム、LEDインジケータ、LEDアクセント・ライン、LEDコーナリング・ライト。光軸自動調整機構付)
マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル
4ゾーン・オートマチック・エア・コンディショナー
フロント・コンフォート・シート
フロント・アクティブ・ベンチレーション
シート・ヒーティング(フロント&リヤ)
マッサージ機能(運転席&助手席)
エクスクルーシブ・ナッパ・レザー・インテリア
アンビエント・ライト
HDDナビゲーション・システム(VICS3メディア対応)
10.2インチ・ワイド・コントロール・ディスプレイ(タッチ・パネル機能付)
iDriveコントローラー(コントロール・ディスプレイ用、ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタン、タッチ・パッド付)
インテグレイテッド・オーナーズ・ハンドブック
地上デジタルTVチューナー(12セグ/ワンセグ自動切替)
USBオーディオ・インターフェース
ワイヤレス・チャージング
harman/kardonサラウンド・サウンド・システム
ハンズフリー・テレフォン・システム
ITSスポット対応DSRC車載器(ルーム・ミラー内蔵、ETC機能付)

この記事をCORISMで読む→