2日、香港の女優アンジー・チウの無補正写真について、ネット上では「ナチュラルでいい」と称賛の声が上がっている。

写真拡大

2016年11月2日、香港の女優アンジー・チウ(趙雅芝)の無補正写真について、ネット上では「ナチュラルでいい」と称賛の声が上がっている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

特に年齢を重ねた女性タレントの写真には、より若く美しく見せるため、大幅な加工が加えられるのが定石となっている。しかしこのほど、某イベントに出席したアンジー・チウの無補正写真があるニュースサイトに登場。62歳という年齢だけに、補正されたこれまでの写真と比べるとかなり見た目の差があるが、ネットユーザーにはかえって好印象を与えている。

ネット上では、「PS加工は不自然。ありのままの姿で何が悪い?」「60代でこれなら十分に美しい」「逆に将来のお手本にしたいほど」「人は誰でも老ける。補正写真はまるで妖怪みたい」などといった声が見られる。

アンジー・チウは79年のドラマ「楚留香」のヒロイン役で大ブレークした女優。日本航空の客室乗務員だった73年、「ミス香港」コンテストに参加し、これをきっかけに女優デビュー。近年はその若々しい美しさから、香港を代表する美魔女の一人として女性たちの憧れを集めている。(翻訳・編集/Mathilda)