井川楊枝『モザイクの向こう側』(双葉社)

写真拡大

 当サイトでも何度も取り扱ってきた「AV出演強要問題」。2016年3月、国際人権団体のヒューマンライツ・ナウが「タレントやモデルとしての契約を装ってプロダクションと契約を結ばせAV出演を強要、もしも出演を渋れば違約金や親にバラすといった脅しをかける」といった被害が続出しているとの報告書を発表したことから、AV業界のあり方が社会問題化した。

 6月には業界大手のAVプロダクションであるマークスジャパンの元社長らが労働者派遣法違反容疑で逮捕。7月には、NHKの『クローズアップ現代+』にまでこの問題が取り上げられたことは記憶に新しい。

 そんななか、男性向け成人誌などを中心に執筆し、『封印されたアダルトビデオ』(彩図社)の著書ももつライターの井川楊枝氏が、今回の問題を機にAV業界の内情について迫った『モザイクの向こう側』(双葉社)を出版した。

 今回のAV出演強要をめぐる問題が表面下したとき、業界関係者からの声としてまず多く聞かれたのが、「ヤクザのような人間が跋扈していた1980年代ならいざ知らず、健全化した現在のAV業界でそのような被害は起こらないだろう」といった意見だ。

 しかし、業界内部の人間でもある井川氏は本書のなかでこのように綴っている。

〈私は、普段、雑誌でAVのパブ(宣伝)記事を入れ込むこともあって、複数のAVメーカーや事務所と繋がっている。どちらかというと、AV業界に寄り添っているライターで、業界とは持ちつ持たれつの関係だ。しかし、強要問題が世間で話題となったとき、私は諸手を挙げてAV業界を擁護する立場には回れなかった〉

 AV業界が抱える問題の構造について議論される際に、必ず挙げられるのが00年代中ごろに起きた、AVメーカーであるバッキー・ビジュアル・プランニングの撮影による傷害事件、通称バッキー事件だ。

 このメーカーの撮影では、出演者には「軽いレイプもの」と説明しておきながら、実際は20人以上の男たちが殴る蹴るの暴行を加えながら中出しするものであったり、水を張った風呂に無理やり沈める「水責め」を行っていたり、強制的に飲酒させるなどといった違法性の高い撮影を日常的に行っていた。また、肛門に浣腸器具を挿入し直腸穿孔、肛門裂傷の大ケガを負わせ、一歩間違えれば死亡事故につながった事件まで起こしている。これにより、メーカーの代表者には懲役18年の実刑判決が言い渡された。

 井川氏は、本書のなかで、業界に入りたてのころ、バッキーの撮影を手伝ったことがあると告白。四肢を拘束されたうえ、顔に糞尿を落とされる過酷な撮影で女優が「おまえら全員訴えてやる!」と泣き叫んだ壮絶な現場の記憶を綴っている。だから、〈諸手を挙げてAV業界を擁護する立場には回れなかった〉と井川氏は言うのだ。

 もちろん、バッキーのようなケースはあくまでレアケースであり、このような凄惨な被害が頻繁に起こっているわけではない。ただ、現場での段取り不足などが原因の事故などは絶えず起きているという事実もまた否定できない。『モザイクの向こう側』でも、キャットファイトのような女性同士が格闘する撮影で出演者が骨折する事故が起きたり、妊婦が女優を務める撮影でハードな内容が災いして死亡事故が起きたりといった深刻な事例が紹介されている。

 本書の取材に応えているAV男優歴27年のベテランAV男優である田淵正浩氏もこのように証言する。

「今はバッキーのようなメーカーはないと思います。ですが、僕が付き合いのあるメーカーは、20〜30社です。審査団体に加盟しているのは、260社ぐらいあるので、残りの200社以上のメーカーの実態はよく分からないというのが正直なところですね」

 先日、当サイトでは、業界の自主的な問題解決を呼びかけ「表現者ネットワーク(AVAN)」を立ち上げた川奈まり子氏をインタビューしたが、その川奈氏も現在AVメーカーの8割以上が加盟する団体、NPO法人知的財産振興協会(IPPA)の枠から外れる、いわゆる「無審査AV」といわれる作品の現場には、現在特にプロダクションに所属していないフリーのAV女優たちが進出しており、そこではひどい人権侵害が起き始めていることへの危惧を語っていた。AV業界を健全化させるためには、やはり安易に「強要被害などない」と断じてしまうことには大変な危険が伴う。

 今年の春に強要被害が問題化したことで、現在AV業界では撮影内容に関する萎縮が起き始めている。強要問題に直接つながりかねない「ドッキリ」系の撮影、陵辱系の撮影、「本番中出し」系の作品、素人が参加する「ファン感謝祭」系作品、特に、今年7月にはキャンプ場でAV撮影を行ったとして公然わいせつなどの疑いで出演者が書類送検される事件が起きているため(結局、不起訴処分に終わった)、野外露出系作品にはなかでも強い警戒感をもっており、一度発売された作品も有料動画サイトでは配信停止になるなどしている。

 ただ、もしも、これまで挙げてきたような問題が社会的な議論とならなかったとしても、いずれにせよ、遅かれ早かれAV業界は大きな変革を遂げなければならなかった。というのも、周知の通り、現在のAV業界は下げ止まらない売り上げ減少の影響で、ジリ貧の状況にあるからだ。

 10年前は業界全体で年間リリースは約1万タイトルだったのに対し、現在では2万5000タイトル以上に増加。しかし、それでも総売上は20%ダウンになっていると井川氏は説明する。

 少子高齢化や、若者の性への好奇心が薄れたなど、色々と原因はあるだろうが、なんといっても一番の原因は、作品の一部が切り取られて違法動画サイトにアップロードされていることだろう。

 前述の通り、現在AV業界では表現内容に関する再考が求められている。今後も、特に出演者の身に危険をおよぼすような暴力的な内容の撮影は安全性が担保されない限りNGが出るであろうし、そうでなければならないだろう。

 そういった状況下で、AV黎明期から業界に携わり続けたV&Rプランニングの元代表取締役・安達かおる氏は、単純な表現規制に関しては否定しながらも、そういった状況を逆手に取るべきだと井川氏の取材に応えている。

「この21世紀の今日、男性器を女性器に入れて、それだけで購買者が満足するかというと、そんなことはないですからね。僕なんかはフェチ系のビデオでは、本番を撮らないですから。挿入してパカパカやっているビデオなんて、今の時代、売れないんですよ。じゃあ本番行為なしでどうやったら作れるのかというところで議論しているのが、最新のAV事情なんです。作る側からすると、本番行為が入っていると作りやすい。本番って120分の作品で、セックス行為を2回やれば、50分ぐらい稼げちゃうから。でも、そこに甘えないで作っていくところに、今のAV制作の難しさややりがいがあるんです」

 レンタルからセルに移行し、モザイクが薄くなった時期から、AV業界はとりわけ"お客様第一主義"に傾き、いかに「ヌクための素材」を提供することができるかという競争に突入した。結果として、それまであったドラマ性であったり、ドキュメンタリー性といったものは邪魔なものとして捨て去られることになる。そうして、いかに性器が結合する「ハメシロ」を撮るかといったようなルーティン的な作品づくりに突入していくことになった。

 成人誌を中心に執筆するライターのやまもと寅次郎氏も、そういった経緯から業界がAVをエンタテインメントに昇華できなかったことを嘆く。

「芸能界にもAVと同じく、世間のハグレ者の不良とかが入っていたりしているよ。でも、芸能界の人と話してみるとね、AV業界との違いがはっきり分かるんだよ。彼らは言うんだよ。『今のAVの人たちはエンターテイメントを作っているっていう意識がないよね』って。目先の金ばかり追いかけているって。その通りだと思ったよ。芸能界の人たちは、みんなエンターテイメント業界にいる意識を持っているからね」
「AV業界って、もともとピンク映画やエロ本から発展してきたでしょ? 90年代は、サブカルでもあり、エンタメにもなりつつあったんだよ。でも、結局、エンタメ産業になれなくて、射精産業になってしまった。みんな、AV業界がどうなるかって考えてこなかったんだよ」

 AVがそれまでもっていたようなサブカル的要素を捨て去ったのにはそれなりの理由があったわけで、彼らの意見が窮地に立たされるAV業界を救う特効薬になるかどうかはわからない。

 しかし、違法動画サイトで切り取られたものでは満足させないような、エンタテインメントをつくるための努力が解決策のひとつとして大きな役割を果たす可能性もまた否定できないだろう。ひいては、そういったエンタテインメントをつくるための努力が、業界の健全化に寄与する可能性もある。

 AVANの川奈氏は、現在、AV 女優の権利を守ることのできる統一契約書、出演承諾書の作成を打ち出しているが、その目的は出演強要被害防止だけでなく、当のAV女優たちにプロの「出演者」としてエンタテインメントをつくる自覚を促すというメッセージも込めたと本書で語っている。

「当時はメーカーや事務所によっても契約書があったりなかったり、出演のたびに出演承諾書を書くということもなかったですし、台本も届いたり届かなかったりという感じでした。ですが、それは今までの話であって、今は業界が世間の厳しい視線にさらされています。今後は、やらざるを得ない形になるのではないでしょうか。女の子によっては、契約書なんて面倒くさいとか、台本なんてあるの? 脱げばいいんでしょって簡単に考えていたりするかもしれませんが、そういう子たちにこそ、『AV出演は出演業』だということを意識してもらうため、しっかりと(中略)出演してほしいですね。世間では風俗嬢と同一視しているのか、AV嬢と呼ぶ方もいます。ですが、AV女優は性風俗の『嬢』とは違い、役者と同じ出演業なんですよ。それなりに大変な仕事だと、女の子たちには分かってほしいですね」

 いずれにせよ近い将来AV業界は大きく変わらなくてはならなかったのは間違いない。今回の社会問題を機に前向きな変化が起きることを切に願う。
(田中 教)