Doctors Me(ドクターズミー)- 流産が起こる原因とは? 知っておきたい4つの予防策

写真拡大

流産になってしまったらどうしよう。そんな不安が頭によぎることはありませんか? 流産は予防策を講じることで防げることもあるようです。

そこで今回は流産を防ぐ方法を4つご紹介してみたいと思います。

要チェック項目


□流産にも種類がありそれぞれ原因が異なります
□流産は4つの対策で未然に防げるかもしれません
□もし流産しても自分を責めないでください

流産はなんで起こる? 流産の原因とは

流産は妊娠して22週未満までに何らかの原因で赤ちゃんが育たなくなることを言います。妊婦さんの7人に1人程度の割合で起きるようです。

意外と多く感じませんか? また、流産にも種類があるようです。流産を種類ごとに見ていきましょう。

早期流産


妊娠12週未満で胎児が発達する前に起こる流産のことを指します。この場合は胎児の染色体異常などお母さんが予防策を講じても防げないケースが多いようです。

後期流産


胎児が発達した12週以降に起こる流産を指します。原因は様々ですがこちらの流産はお母さんの予防で防げるケースが多いようです。

それでは中期流産を防ぐための予防策を見ていきましょう。

流産予防はまずは普段の行動をチェック

妊娠初期の不安定な時期に激しい運動をすると子宮に負荷をかけ流産を引き起こす可能性があります。以下で流産を引き起こす可能性のある行動をご紹介しますので、是非チェックをしてみてください。

流産リスクがある行動


・飲酒
・喫煙
・重い物を持つ
・激しい運動
・高いところのものをとろうとして転落する
・市販の薬を飲む

いかがでしょうか? 思い当たる節があればできるだけ控えるようにしてください。高い所の物をとってあげるなど、お父さんも手伝ってあげてお母さんのサポートをしてあげてください。

流産しないために…避ける食材と予防効果のある食材

食生活の改善で流産を防げる可能性があります。そもそも流産しやすくなる栄養素や食事ってなんだと思いますか?

以下のようなものが挙げられます。

流産を引き起こしやすい食材


・カフェイン
・パセリ
・ハーブ
・生ハム
・ナチュラルチーズ

ハーブやパセリは古くから妊娠の妨げになると言われているようです。

カフェインの摂取は1日に200mgの摂取を超えると流産のリスクが増加するようです。

カフェインについては定義が確定していないようですが、WHO(世界保健機構)ではコーヒー摂取量を1日3〜4杯までにすべきとしています。

また、生ハムや加熱加工されていないチーズはトキソプラズ感染症という感染を引き起こす可能性があり、抗体を持っていない妊婦さんが感染した場合には、流産などに繋がるので摂取しないのが無難です。

ではどのような食材が予防につながるのでしょうか?

流産の予防が期待出来る食材


・ひじき
・納豆
・ほうれん草
・キウイ

このような食品が流産防止に良い食べ物のようです。貧血や血行不良が流産につながる可能性があります。ひじきや納豆などで鉄分の摂取、キウイに含まれるビタミンEで血行促進が流産の予防につながるようです。

ほうれん草にはビタミンEと鉄分の両方が含まれている妊婦さんの味方です。

病気の予防もしてますか? 流産は感染症でも引き起こる

様々な感染症が流産の原因になるとされています。代表的な感染症の例を見ていきましょう。

梅毒


前身の皮膚や粘膜に発疹やブツブツが出ます。また、性器やその周辺にしこりができるようです。

女性であれば大・小陰唇のあたりにしこりができるようです。性行為や経口感染が原因で感染します。

風疹


発疹や発熱、リンパ節が腫れる症状が出ます。咳やくしゃみによる飛沫感染が原因です。

サイトメガロウイルス


飛沫感染、接触感染、性行為感染などが原因でおこります。風邪のような症状がでるだけで、サイトメガロウイルス感染症とは気がつきにくいことがほどんどです。

様々な原因で感染するようですね。感染症の予防にも気をつけてみてください。

流産にストレスは大敵! 適度にストレス発散を

神経質に過ごすとストレスが原因で流産が起きてしまう可能性があります。リラックスして毎日を過ごしてみてください。

あなたのストレス解消法はなんですか? ストレス解消法はなんでもいいですが、とにかくストレスを溜め込まないようにしてください。ストレス発散の方法の一例をご紹介します。

ショッピングを楽しむ


普段買いたいものを我慢していませんか? 我慢しているものを思い切って買ってみることでストレスが発散できるかもしれません。

お財布と相談し、少し贅沢をしてみるのも手ですね。

カラオケで思い切り歌う


大声をだすことですっきりしませんか? カラオケは周りを気にせず大声で歌えるのでストレス解消には最適です。

無理のない程度に大声で歌ってすっきりしてみてください。

お笑いのDVDをみる


笑いは副交感神経を刺激し緊張をほぐす効果があるそうです。お笑い以外にも面白い映画やドラマを見るのもいいかもしれませんね。

とにかく笑ってみることでストレス発散できるかもしれません。

妊娠初期は体の変化やつわりが起きたり苦しい時期だと思います。周りの人に早めに相談するのも良いと思います。特にパートナーには早めに相談し理解してもらってください。

パートナーもあなたのことが心配なはずです。妊娠出産は二人で乗り越えていきましょう。

もし流産をしてしまっても…

流産は胎児の染色体異常など早期流産でお母さんが予防できないケースも存在します。流産はとても悲しい気持ちになると思います。

しかし、流産をしてもお母さんは自分を責めないであげてください。お父さんも流産について正しい知識を身につけお母さんをサポートしてあげてください。

もし流産してしまったら気持ちを回復させた後、改めて二人で話し合ってみてください。

(監修:Doctors Me 医師)