白鵬「先生痛いです」 麻酔手術中に目を覚ました仰天エピソード

ざっくり言うと

  • 白鵬が3日、9月に右足親指と左膝を手術した際のエピソードを明かした
  • 予定より手術時間がオーバーしたため施術中に目を覚ましてしまったという
  • 「先生、痛いです」と話したといい、講演会場は大きな笑いが巻き起こった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング