▽明治安田生命J2リーグ第39節のコンサドーレ札幌vsカマタマーレ讃岐が3日に札幌ドームで行われ、札幌が4-1で勝利した。

▽前節までリーグ戦3試合未勝利と失速し、2位の松本山雅に3ポイント差まで迫られている首位の札幌。ホームで何としても白星を取り戻したい札幌は、早々の3分に先行する。ショートコーナーから福森がクロスを入れると、都倉が折り返したボールをジュリーニョが膝で押し込んでスコアを動かす。

▽勢いに乗った札幌は、11分に加点。正面から左のゴールまでやや遠めの位置でFKを獲得すると、福森が好クロスを供給。フリーになった都倉がダイレクトボレーで合わせてゴール奪う。さらに札幌は27分、堀米の強烈なロングシュートがGKに弾かれたところを荒野がプッシュ。一気に3-0とする。

▽33分にはCKからエブソンにゴールを奪われた札幌だが、35分には福森のFKが馬場のオウンゴールを誘って、再び3点差とする。

▽迎えた後半も札幌は主導権を渡さない。リードを保ったまま試合を進めると、追加点を挙げることはできなかったものの、そのまま逃げ切り。2位の松本山雅が高崎のゴールでロアッソ熊本に1-0で勝利したため差を広げることはできなかったが、3ポイント差での首位をキープしている。