小松菜奈、菅田将暉が現役女子中高生限定シークレット試写会に登壇した/(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

写真拡大

11月5日(土)に公開される小松菜奈、菅田将暉W主演映画「溺れるナイフ」の、“現役女子中高生限定シークレット試写会”が、3日に都内で開催され、小松と菅田が登壇した。

【写真を見る】小松菜奈&菅田将暉が周囲をズラッと現役女子中高生に囲まれ…!?/(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

本作は都会から転校してきた小松演じる人気モデルの夏芽が菅田演じる美少年コウに出会い、自由奔放に生きる姿に翻弄(ほんろう)されながらも強烈に引かれていく物語。

主演の2人は、上映終了後に会場を埋め尽くした現役女子中高生の大歓声に迎えられた。小松の「お休みのところ制服で来ていただいてありがとうございます」という丁寧なあいさつに続き、菅田は「15歳!?」と驚きながら「どうも、おじさんです」ととぼけて見せ、黄色い声援と笑いを誘った。

イベントでは「夏芽の役が決まった時のプレッシャーはありましたか?」というMCの質問に、小松は「プレッシャーは原作ものにつきもの」としながらも「台本を渡された時に最初に名前が書いてあり頑張らなきゃ、他のキャストに負けたくないな、と思った」 と負けん気の強い一面をのぞかせた。

一方、本作が恋愛作品として初の主演作品となった菅田は「壁ドンだ、顎クイだとか家で練習していたけどそんなこともなく…」と言って再び会場を笑わせると、「自分らしいラブストーリーになった」と満足げに振り返った。

イベントでは10代の恋愛模様を描いた本作になぞり、現役女子中高らとともに小松と菅田は“○×トークセッション”を実施。「10代は恋愛よりも自分の夢を追うのが賛成だ」という質問の場面では○と×の両方が上がる会場を見渡し、小松は「10代は恋愛したいですよ。恋愛からもいろいろなことを学べるからいいと思います」と自身の恋愛感を語った。。

そして菅田は「人を好きになる、ってことですよね。夢も大事だけど、恋愛を捨てることはないのかな」と持論を基に指南する場面も。

続けて、「友達と同じ人と好きになったことがあるか」との質問の場面では、会場から「友達とお互いに頑張ろう」となったエピソードが語られ「いい関係ですね」と菅田と小松は興味津々だった。

また、“○×トークセッション”以外にも菅田から「シンプルにこの映画をどう思ったか?」という質問に対しては、「感動して涙が止まらなかった」「同じ高校生の話でも主人公2人が特別過ぎて自分には共感できなかった」など、女子中高生らしからぬ大人びた感想の数々が寄せられた。

これには菅田も、驚きながら「すごいね、しっかりしている。そんなにちゃんと話せなかったよ」と感心した様子。

一方で小松は「最近、面白かったことは何ですか?」と聞くと映画の感想とはうって変わって、「渋谷でやっていたハロウィーンの仮装を見たときが楽しかった」と学生らしいかわいい回答に笑顔を浮かべた。

イベントの最後に、菅田は「今の学生の生の声を聞いてあらためて10代の方に見てほしいなと思った」と感想を語り、小松も菅田同様に「『溺れるナイフ』を見てもらいたい方のいろいろな意見を生で聞けて良かった。家族やお友達と一緒に見てほしい」と集まった女子中高生に呼び掛け、盛大な拍手に包まれイベントは終了した。